オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

富士市で雨漏れによる瓦屋根の葺き替え工事


工事のきっかけ

和室の押入れから、雨漏りがするとのことで調査をしました。
既存の瓦の下の防水シートや板がボロボロでした。
その為、雨漏りが発生しておりました。

富士市 屋根葺き替え,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
富士市瓦改修前
horizontal
after
富士市瓦改修後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨漏り修理
施工期間
6日
使用材料
瓦:丸栄プラウドUU40
施工内容その他
築年数
築30年
保証年数
5年
工事費用
160万円
建坪
ハウスメーカー
富士市瓦改修瓦撤去
瓦撤去中の写真。
富士市瓦改修野地板貼り
野地板張り中の写真。
まずは、既存の瓦の撤去工事を行います。(写真左側)
下地が悪くなっている為、落ちないように、慎重に瓦を撤去していきます。
ちょっと見ずらいですが、下地がボロボロなのが分かります。

次に野地板(ベースとなる木の板)を張っていきます。
今回はラーチ合板の12mmを使いました。
*野地板(のじいた)と読みます。
富士市瓦改修ルーフィング貼り
ルーフィング貼り中の写真
富士市瓦改修瓦棒
瓦棒の施工中の写真
野地板を張り終えたら次は防水シートを張っていきます。
こちらの防水シートはアスファルトルーフィングとも呼びます。
この防水シートをしっかり張らないと雨漏れの原因になってきます。
ルーフィングは状況にもよりますが耐久年数は約15年から20年位になります。


ルーフィングを張り終えたら、次は瓦を引っかけていく為の瓦棒を
施工していきます。縦横にずれない様にするために形を作ります。
富士市瓦改修谷設置
谷の設置中の写真。
富士市瓦改修瓦葺き
瓦を葺いている最中の写真。
次に写真の左側のような谷と言われる部分をつけていきます。
谷は雨を流す重要な部分になります。
この谷も劣化すると穴が開いて雨漏れの原因の一つになります。

谷の設置が終わりましたら、いよいよ瓦を葺いて行きます。
一枚一枚丁寧に葺いていきます。
今回使用した瓦は丸栄のプラウドUU40を使いました。


【工事完了後】

富士市瓦改修後
完成後です。新しい瓦でとてもきれいに仕上がり、下地の板や防水シートからやり直したので雨漏れの心配もなくなりました。
今回の工事期間は6日間でした。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊豆市 雨漏りのため瓦屋根からガルバリウム鋼板で葺き替え

伊豆市瓦葺き替え
伊豆市葺き替え完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨漏り修理
部分塗装
使用素材
MFシルキー
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
260万円(テラス屋根・軒天補修含む)
施工事例

沼津市築35年雨漏りしていた瓦屋根を下地からしっかり直しました

沼津市瓦屋根雨漏り
沼津市瓦屋根雨漏り葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
平瓦、ルーフィング
築年数
35年
建坪
保証
5年間
工事費用
200万円
施工事例

三島市で数年来の雨漏りに悩み和瓦から地震に強い軽い金属屋根(ガルバリウム)に葺き替え

三島市瓦屋根雨漏り
三島市葺き替えガルバ
工事内容
屋根葺き替え
防水工事
使用素材
ガリバリウム銅板
築年数
35年
建坪
保証
5年間
工事費用
220万円

同じ地域の施工事例

施工事例

富士市地震被害による木造住宅の瓦崩れを改修

地震による瓦崩れ
棟瓦復旧
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
棟瓦 樹脂モルタル
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津雨漏り下屋葺き替え

沼津市のお客様より雨漏りしているので見てほしいとご相談がありました。早速現場を見させていただきました。最初に目に入るのは外壁です。経年劣化のため汚れが付着しているのか黒く変色し、亀裂もみられました。

裾野市瓦雨漏り

裾野市で雨漏りでお困りの現場調査に行ってきました。築年数がかなり経っている瓦屋根のお宅でした。雨漏りの原因は色々と考えられますが、最も多い発生要因は経年劣化です。建物の外側の建材は、日々紫外線や風雨によって劣化していきます。他社で以前に瓦の...........

伊豆市葺き替え棟設置

伊豆市で屋根の葺き替え施工の続きです。今日は、棟の取り付けをしていきます。貫板(ぬきいた)を設置し、その上に棟板金を被せます。棟板金は、屋根の頂上にあることから台風や強風時に被害を受けやすく剥がれや飛散が起きやすいので施工には注意が必要です...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325