屋根工事中の不安、全部解消いたします~マイスター制度


お客様の安心・快適を目指したマイスター制度はじめました

マイスター制度を始めたきっかけとは?

マイスター制度があるので心配ご無用です!
 これから屋根リフォームを行うお客様にお伺いしてみますと、意外と皆様が心配されているのが「実際に施工してくれる業者や職人さん達とのコミュニケーション」です。  『仕事で日中は家を空けてしまうので休憩時のお茶をお出しできないけど、失礼に当たらないかしら』、『休憩時のお茶、職人さん達は何がお好みかしら』といったありがたいお心遣いから『家族は誰もタバコを吸わないから、職人さんも家の敷地内でタバコを吸わないでほしい』などの心配事までさまざまなものがあります。

 街の屋根やさんでは「お客様なのですからお気遣いやご遠慮なさらず、気になったことは何でもおっしゃってください」と申し上げております。日本人の美徳と申したらよいのでしょうか、それでもお気遣いなさる方が多いのです。
お客様の不安01:いきなり知らない人が来て、大切なお住まいを工事されるというのは大変なストレスですよね
初対面の人にいきなり敷地に入られる不安
 屋根リフォームをご契約くださったお施主様は点検や打ち合わせで工事に至るまで担当と何回も顔を合わせているでしょう。しかし、いざ施工がはじまるとなると工事初日にお施主様やそのご家族と初めて顔を合わせるというスタッフも複数出てきます。もちろん、しっかりとご挨拶いたします。

 いくら弊社が直接施工管理を行うといっても、初対面の人にいきなり敷地内に入られ、ご自宅を工事されるというのは不安を感じて当然です。 
お客様の不安02:初めて会った人の「人柄」は分かりませんから、信用するのは難しいですよね
職人さんは「頑固そう」「何か気難しそう」というイメージ
 会うのが初めての人をいきなり「信用してください」といっても信用していただくのは無理な話です。その人の人柄が分からない限りは難しいと思います。

 また、屋根工事などに携わる職人さんは「頑固そう」、「何か気難しそう」という昔ながらのイメージが定着していますので、話しかけにくいと思います。大切なお住まいのことですから、「職人さんの機嫌を損ねて、手抜き作業されたら嫌だな」という心理もはたらくでしょう。 
ご安心ください!施工中も安心して快適にお過ごしいただけるようマイスター制度を実施しております
 街の屋根やさんではお施主様のお住まいを工事するにあたって厳格な規定を設けました。これらの規定を遵守するスタッフでない限り、お客様のお住まいに訪れ、工事をすることはありません。書面にて誓約書も取り交わしています。その中からお施主様とそのご家族に施工中も安心して快適にお過ごしいただくための厳守事項を抜粋しました。

1.時間の厳守

訪問時間のルール
決められた時間に訪問します
 「今日の工事は何時からはじまるのかしら」、「お天気が不順だけど、工事はやるのかしら」、「休日は工事をするのかしら」、「出かける前に作業や工事内容を聞きたい」、施工中はこのような疑問が発生します。

 しっかりと決められた時間に訪問し、ご報告することでお客様も予定が立てやすくなると思います。

2.お客様への挨拶

訪問時のルール
挨拶もなく工事を始めることはありません
 挨拶もなく工事をはじめられたら、恐いと思いませんか。外から突然、大きな音がしたらビックリしますし、何よりお施主様とそのご家族、ご近隣の方々の安全に関わります。

 「工事をしてないと思い、外に出てみたら工事中だった」なんてことになったら、何が起こるか分かりません。大きくて重量のある建材や道具の運搬をしているかもしれませんし、適切に使用しないと有害となる塗料を使用中かもしれません。お客様への通知義務は絶対なのです。

3.身嗜み、マナー

身嗜みマナーのルール
常に清潔を保てるよう意識します
 作業していますとどうしても汚れますし、作業着に埃や塗料、建材の臭いがついてしまうこともあります。

 施工スタッフにとって作業着の汚れは一所懸命に仕事をしている証でもあり、誇りでもあります。お客様にしても夕方、作業終了時に着替えてもいないのに職人さん達の作業着が全く汚れていなかったら、「あれ?」って感じになりませんか。本当に作業していたか不安になりませんか。

 常に清潔を保つというのは難しいのですが、お施主様や近隣の方々を不快にさせないよう、気を使います。

4.部材搬入時

破損・汚損に対するルール
 お客様のものを壊さないのは当然。気をつけて作業いたします。万が一の場合はしっかりとお客様にご報告と謝罪し、弁済をいたします。

5.工事中

工事中のルール
現場は常に整理整頓
 工事によっては大きくて重い資材を搬入することもあります。前述ように「工事をしてないと思い、外に出てみたら工事中だった」なんてことになったら、何が起こるか分かりません。
 お客様の敷地内での喫煙はご迷惑をかけるだけでなく、これまた大変危険です。資材や廃材の中には非常に燃えやすいものもあるからです。工事終了後の清掃はかかせない作業です。これは見栄えや気持ちの問題もありますが、現場を整理・整頓し、作業効率と安全性も高めるためでもあります。敷地内で怪我はお客様にもご迷惑をかけてしまうことにもなりますので、あってはいけないことです。

6.竣工時

竣工時のルール
お施主様のお住まいだけでなく、周辺も清掃することをお約束いたします
 お施主様のお住まいだけでなく、周辺も清掃することをお約束いたします。気付かないうちに私たちが汚してしまっている可能性もあるからです。お施主様だけでなく、近隣の方への環境にも気を配ります。

 この他に守ってほしいこと、ご要望などがありましたら、すぐにお伝えください。現場の人に伝えにくい場合はお電話ください。すぐに対応いたします。マイスター制度の他にもお客様とのルールやお約束を定めております。街の屋根やさん12のルールも併せてお読みいただければ幸いです。