屋根工事コラム


瓦ずれ

毎年多くのお問合せをいただくのが強風による屋根の被害です。被害を受けた屋根の多くがシーズン前に点検やメンテナンスを行っていれば、未然に被害を防止できる例が多く今年こそは台風シーズン前にメンテナンスをしてみてはいかがですか。

裾野市平屋廊下天井雨漏り

三島市は箱根山の西麓、伊豆の北の玄関口に位置し、人口約11万人・世帯数は約49000世帯です。その方々から『 住まいの雨漏り 』で大変困っていますというお問合せが結構あります。 雨漏りの原因は大きく分けて二つです。 ① 経年劣化が原因で雨漏りを引き起こす事  ② 施工的・人的ミスが原因で雨漏りを引き...........

コラム用瓦破損

屋根材にはたくさんの種類があります。種類も常に進化して、新しい製品も続々登場しています。減りつつある瓦も、改良を受けてどんどん災害に強くなっています。沼津・三島にお住まいの方、リフォームする際には、ぜひ屋根材にもこだわってみてください。

コラム用火災保険

伊豆の国市、函南町、沼津市は猛烈な風雨により予想をはるかに上回る被害となってしまいました。雨漏り、棟板金が飛んだなどの相談を多数いただいております。これを機にぜひ見直してください自然災害による被害は火災保険が適用となる場合があります。

沼津市台風瓦浮き

沼津市で台風被害による屋根補修工事をご紹介します。今年も自然災害による屋根補修工事のご相談を多く受けました。暴風による被害は築年数が長い屋根ほど集中しています。古い屋根でも補強などで暴風への対応強度を高めることができます。

コラム用異常気象

伊豆では台風被害に遭われた方も多くいらっしゃいました!近年は異常気象が多発しています。豪雨や猛暑、大型台風の上陸、竜巻などの突風、自然災害で困らないためにも、定期的な点検と早めの補修をお薦めします。被害をできるだけ小さくすることを日頃から備え、屋根とお住まいの対策をしておきましょう!

コラム用立平葺き

最軽量で地震に強く、雨漏りにも強い立平葺き(たてひらぶき)!耐用年数やメンテナンス性から現在、最も注目されているのが金属屋根です。その中でもシンプルな立平葺きが注目されています。新築でも採用されるケースが増えています!

コラム用屋根イラスト

屋根は外壁に比較して紫外線や風雨にされされるため劣化の進行が早く進みます。屋根塗装が可能な場合のありますが劣化状況が酷いと【葺き替え】もしくは【カバー工法】という工事が有効になります。沼津、三島でリフォームをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

コラム用瓦棒葺き

立平葺きと同じ金属屋根の【瓦棒葺き(桟葺き)】をご紹介します。瓦棒葺き(桟葺き)は「心木(しんぎ)」と呼ばれる角材があり、ここに固定されているのが特徴です。心木が腐食してしまう弱点があるため、現在は少なくなっています。

コラム用軒天

軒天は外壁から外側に突き出している屋根部分の裏、軒先の裏側にある天井を指します。近年お住まいの形状は大きく変わりつつあり中には軒天がないというお住まいもあるかもしれませんが、実は軒天が快適で安全なお住まいを維持する役割を担っています。

コラム用 雨戸2

異常気象により台風だけでなく、突然の豪雨や突風などによって家屋が破損する被害が増えています。窓ガラスには強い風雨が吹き付けるのはもちろん、強風によって大きな物が飛んでくる危険もあるため、雨戸を閉めてガードすることで、被害を最小限に食い止めることができます。

コラム用ルーフィングイラスト

ルーフィングとは屋根材の下に敷く防水シートのことです。屋根の劣化を早める一番の大敵は水分です。 屋根裏の内部に雨水の侵入を防いでくれ、防水として大きな機能を果たしてくれています。

コラム用 野地板イラスト

野地板とは…耐震性や耐風性など、屋根の構造を支えている部分、屋根材が固定されている部分です。ここがしっかりしていれば家もしっかりしてきます!屋根と呼ばれるところには必ずその一部として野地板があります!

コラム用 落ち葉

秋から冬に近づく季節になると、落ち葉などにより雨樋が詰まるトラブルが多くなります。また鳥が雨樋に繰り返し巣を作ってしまって破損・修理にいたる被害がよくあります。そんなトラブルを防ぐ「落ち葉除けネット」をご紹介します。

201909takarasoudannkaio

台風の季節になりました。屋根・外壁・雨漏りや・雨樋など心配な個所はないでしょうか?普段の雨では大丈夫なのに最近の豪雨、横雨だと雨漏りするという事もあります。お家のことでしたら何でも是非ご相談ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325