沼津市内の陸屋根鉄骨造の屋上防水劣化による雨漏り


工事のきっかけ

屋上の防水劣化によりヒビ割れが雨漏りの原因とわかり、屋上全体の防水塗装工事をしました。
また、屋上の手摺の錆が腐食につながり危ないので、錆びにくいアルミの手摺に交換しました。

沼津市 防水工事

ビフォーアフター

before
防水シート劣化
horizontal
after
屋上防水完成

工事基本情報

施工内容
防水工事
施工期間
7日間
使用材料
ウレタン塗装 アルミ製手摺
施工内容その他
築年数
約40年
保証年数
工事費用
150万円
建坪
防水シート劣化
長い年月を経て、少しずつヒビが入り屋上全体に劣化が見られます。経年劣化の主な原因は太陽の熱と紫外線照射が原因です。
以前は防水層を保護するために、保護モルタルを塗ったり、タイルを張ったりしました。
これも良いようで悪く、雨漏りがすると何処から雨が浸入するのか皆目分からなくなってしまいます。
このひび割れから雨水が浸透して、雨漏りの原因にもなっていました。弊社では、雨漏り調査をして原因を突き止めて工事を行うようにしております。原因が分かれば、ほとんどの雨漏りは解消されます。
屋上防水剥がれ
劣化がひどい個所は、剥がれてしまい下地が見えています。
ポタポタ程度の雨漏りや、少しシミになっている程度という事で我慢されている方や、原因わからず時間が経ってしまうと、建物の傷みの原因にもなります。
防水劣化による雨漏り
防水劣化により、表面がザラザラになり、乾きも悪くなると水溜まりもできやすくなっています。
悪循環の始まりです。
常に、屋上に湿気の多い状態となり、日陰部分は苔が生えてしまいます。

屋上手摺
水はけの悪さにより、手摺の支柱の根本が錆びやすくなってきます。
手摺の錆は、手摺全体の腐食の原因にもなり、大変危険です。
塗装塗膜のピンホールから雨水が浸入し、金属を腐食させます。
一見塗装表面が問題ないように見えても、腐食している事が多い
ので半年ごとに細かくチェックする事をお勧めします。
屋上手摺ですから万一の時は大事故に繋がります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市八幡町 屋上から直下階の複数から雨漏りで、雨の度に気が滅入る

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水・トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
57.3万円
施工事例

伊豆の国市内に建つ築30年以上の住宅で雨漏りが! 防水工事

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン塗装 
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
40.5万円
施工事例

沼津市下香貫、屋上防水と笠木板金工事

塗装の劣化
施工後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
ウレタン防水
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
348万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市八幡町 屋上から直下階の複数から雨漏りで、雨の度に気が滅入る

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水・トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
57.3万円
施工事例

沼津市下香貫 外壁サイディング劣化で塗装を、ついでに屋根塗装も合わて

施工前
施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装、
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
54万(足場26万)
施工事例

沼津市下香貫 工業化住宅の外壁・屋根塗替え

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
104.7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

手摺部材破損

今回は、ベランダの手摺に使用しているジョイント部品が劣化しているので取替を御依頼いただきました。しかし、築20年以上も経っているので、その部品のメーカーの有無や不明な事が多く、メーカーが判明しても廃番のケースがあるので、部品交換といっても非...........

ベランダにクラック

今回は、ベランダの床にひび割れが多いので心配との事で、お伺いさせていただきました。確かに現場に行ってみると、無数のひび割れがありました。ただ、このベランダの下にはお部屋があるのですが、雨漏りはしていないようです。しかし、このまま放置しておく...........

施工前

今回の防水工事では、現場調査により、いろいろな部分を直す必要があることが分かりました。まず足場仮設から始まり、既存防水下地の解体撤去、既存手摺の解体、下地の造り直し、エアコン室外機の移設や撤去、そしてウレタン防水、雨どい取付、エアコンの室外...........