オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

裾野市深良 屋根裏調査をして雨漏りの跡がありました   


工事のきっかけ

雨漏りしていたので屋根裏から調査したら形跡がよくわかり、下地からやり直して屋根葺き替えをする事になりました。

裾野市 屋根葺き替え 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
施工前
horizontal
after
施工後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
20日間
使用材料
カラーベスト
施工内容その他
屋根葺き替え
築年数
約30年
保証年数
5年
工事費用
125万円
建坪
ハウスメーカー
奥まで腐食が進行
雨漏り原因部位

屋根と外壁との取り合い部分 (通称:かぶせ)からの雨水の浸入が原因です。
カラーベスト葺きの雨漏り原因の第一、第二にランキングされるくらい、雨漏り発生多発部位です。
以前、この部分を施工された板金業者も、それなりに注意・留意しながら雨仕舞処理を行なったと思いますが、経年劣化や台風発生時に何らかの、想像以上の悪条件等により、部材の変形による強度の低下が考えられます。
屋根裏雨漏り調査
雨漏り進入路直下の屋根裏状況

左画像による雨漏りが原因で、雨水が浸入した野地板裏側の腐り始めた状態と天井板上に敷き詰めた、断熱材のグラスウールの状況です。
グラスウールは水を含み、重く煎餅布団のように薄くなっており、
もはや小屋裏断熱としての機能は全く果たしていない状態となっていました。
また、小屋裏には電気配線が張り巡らしてある為に、濡れた断熱材が原因で漏電やショート・スパークし火災にならないとも言い切れません。
雨漏りは建物にドンドン浸入し思いもよらない災難をもたらします。
防水シート
ルーフィング(防水シート)貼

ルーフィング敷設作業中で、最後に屋根の一番高い棟部分の鞍掛け作業です。
雨漏り対策は、このルーフィング敷設で80%が決定してしまう程
に大切・重要な作業です。
施工途中
(棟:かぶせ)下地材の取付

屋根の一番高い部分の棟、その棟のカバー用の下地材の取付
作業です。

【工事完了後】

施工後
カラーベスト屋根葺き替え、完了写真です。これで雨漏りが解消して安心です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊豆市 雨漏りのため瓦屋根からガルバリウム鋼板で葺き替え

伊豆市瓦葺き替え
伊豆市葺き替え完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨漏り修理
部分塗装
使用素材
MFシルキー
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
260万円(テラス屋根・軒天補修含む)
施工事例

沼津市築35年雨漏りしていた瓦屋根を下地からしっかり直しました

沼津市瓦屋根雨漏り
沼津市瓦屋根雨漏り葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
平瓦、ルーフィング
築年数
35年
建坪
保証
5年間
工事費用
200万円
施工事例

三島市で数年来の雨漏りに悩み和瓦から地震に強い軽い金属屋根(ガルバリウム)に葺き替え

三島市瓦屋根雨漏り
三島市葺き替えガルバ
工事内容
屋根葺き替え
防水工事
使用素材
ガリバリウム銅板
築年数
35年
建坪
保証
5年間
工事費用
220万円

同じ地域の施工事例

施工事例

裾野市ベランダのひび割れ雨漏りする前にウレタン防水で施工

裾野市ベランダ防水
裾野ベランダ防水施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
約30年
建坪
保証
5年間
工事費用
施工事例

裾野市で帯板が剥がれ老朽化が気になりシリコン塗料でメンテナンス

裾野屋根外壁塗装
裾野屋根外壁塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
カスタムシリコン塗料
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
295万円(樹木伐採、デッキ改修、浴室リフォーム含)
施工事例

裾野で増築部分の接続取合い部分からの雨漏りが数年前から直らず、やっと解決!

裾野市雨漏り
裾野市雨漏り施工後
工事内容
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 コーキング
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
31万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津雨漏り下屋葺き替え

沼津市のお客様より雨漏りしているので見てほしいとご相談がありました。早速現場を見させていただきました。最初に目に入るのは外壁です。経年劣化のため汚れが付着しているのか黒く変色し、亀裂もみられました。

裾野市瓦雨漏り

裾野市で雨漏りでお困りの現場調査に行ってきました。築年数がかなり経っている瓦屋根のお宅でした。雨漏りの原因は色々と考えられますが、最も多い発生要因は経年劣化です。建物の外側の建材は、日々紫外線や風雨によって劣化していきます。他社で以前に瓦の...........

伊豆市葺き替え棟設置

伊豆市で屋根の葺き替え施工の続きです。今日は、棟の取り付けをしていきます。貫板(ぬきいた)を設置し、その上に棟板金を被せます。棟板金は、屋根の頂上にあることから台風や強風時に被害を受けやすく剥がれや飛散が起きやすいので施工には注意が必要です...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325