オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

カラーベスト葺からアスファルトシングル葺に!(裾野市御宿 外部リフレッシュ)


工事のきっかけ

屋根を直さなければと思いつつも数年が経ってしまった。遠くから見ても見映えが悪くなってしまい、お願いする事にしました。

裾野市 屋根葺き替え,その他の工事

ビフォーアフター

before
施工前
horizontal
after
施工後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,その他の工事
施工期間
1ヶ月
使用材料
アスファルトシングル葺
施工内容その他
築年数
約30年
保証年数
5年
工事費用
193万円
建坪
ハウスメーカー
施工前全景
着工前調査状況

2階の本屋根はカラーベスト葺、玄関ポーチ屋根がアスファルトシングル葺です。2階本屋根のカラーベストは過去に1回だけ塗装をしたそうですが、それ以降15年以上何も手を加えてなく、特に2階本屋根の板金による棟包みは錆も著しく、無数の穴が空いていました。
屋根も歩いた感覚がフワフワした状態でしたので、雨漏りによる野地板の腐れがかなり進行している事が予想されます。
屋根解体
調査作業中でアクシデント

屋根の野地板の腐れから、作業員が野地板を踏み抜いてしまいました。
野地板を受けている垂木も数カ所が腐っており、まったく強度が無い状態で取替をしなければなりませんでした。
木工事
垂木取替状況

腐れの著しかった配付け垂木を取替えている最中です。2階の屋根の状態は日頃目に付く所でもなく、専門の業者でなければ登って確認する事が困難です。
条件によっても多少異なりますが、最長でも15年以内には塗替え等を行なわないと被害甚大にならないとは言えません。

防水シート
防水シート敷設作業状況

ゴムアス仕様のルーフィングをしっかり重ねていきます。
どの作業工程も大切ですが、このルーフィング作業は特に慎重に行います。

セネター重ね葺き
アスファルトシングル葺作業状況

最終段階のアスファルトシングルを1枚づつビス止めして行きます。
施工後全景

【工事完了後】

施工後
塗装工事だけに終わらず屋根小屋組み絡みの木工事まで工事が及んでしまいましたが、おがげでしっかりと直すことが出来ました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊豆市 雨漏りのため瓦屋根からガルバリウム鋼板で葺き替え

伊豆市瓦葺き替え
伊豆市葺き替え完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨漏り修理
部分塗装
使用素材
MFシルキー
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
260万円(テラス屋根・軒天補修含む)
施工事例

沼津市築35年雨漏りしていた瓦屋根を下地からしっかり直しました

沼津市瓦屋根雨漏り
沼津市瓦屋根雨漏り葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
平瓦、ルーフィング
築年数
35年
建坪
保証
5年間
工事費用
200万円
施工事例

三島市で数年来の雨漏りに悩み和瓦から地震に強い軽い金属屋根(ガルバリウム)に葺き替え

三島市瓦屋根雨漏り
三島市葺き替えガルバ
工事内容
屋根葺き替え
防水工事
使用素材
ガリバリウム銅板
築年数
35年
建坪
保証
5年間
工事費用
220万円

同じ地域の施工事例

施工事例

裾野市ベランダのひび割れ雨漏りする前にウレタン防水で施工

裾野市ベランダ防水
裾野ベランダ防水施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
約30年
建坪
保証
5年間
工事費用
施工事例

裾野市で帯板が剥がれ老朽化が気になりシリコン塗料でメンテナンス

裾野屋根外壁塗装
裾野屋根外壁塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
カスタムシリコン塗料
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
295万円(樹木伐採、デッキ改修、浴室リフォーム含)
施工事例

裾野で増築部分の接続取合い部分からの雨漏りが数年前から直らず、やっと解決!

裾野市雨漏り
裾野市雨漏り施工後
工事内容
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 コーキング
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
31万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津雨漏り下屋葺き替え

沼津市のお客様より雨漏りしているので見てほしいとご相談がありました。早速現場を見させていただきました。最初に目に入るのは外壁です。経年劣化のため汚れが付着しているのか黒く変色し、亀裂もみられました。

裾野市瓦雨漏り

裾野市で雨漏りでお困りの現場調査に行ってきました。築年数がかなり経っている瓦屋根のお宅でした。雨漏りの原因は色々と考えられますが、最も多い発生要因は経年劣化です。建物の外側の建材は、日々紫外線や風雨によって劣化していきます。他社で以前に瓦の...........

伊豆市葺き替え棟設置

伊豆市で屋根の葺き替え施工の続きです。今日は、棟の取り付けをしていきます。貫板(ぬきいた)を設置し、その上に棟板金を被せます。棟板金は、屋根の頂上にあることから台風や強風時に被害を受けやすく剥がれや飛散が起きやすいので施工には注意が必要です...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325