オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

長泉町で台風被害で瓦のズレ!天窓の破損と煙突周辺の屋根の調査へ!


長泉町のお宅で台風被害に遇われたとご相談を受けました。
長泉台風瓦ずれ
遠目ですが左上の棟部分の瓦がズレているように見えます。

長泉台風棟瓦ずれ
鬼瓦・冠瓦とのし瓦がズレています。
長泉台風棟瓦
ケラバ瓦もズレてしまっています。
側面が銅線で固定されているのにズレてしまっているのは、かなりの強風だったと思われます。
長泉瓦屋根漆喰台風
漆喰(しっくい)が剥がれ落ちそうです。
漆喰の変色くらいでは雨漏りするようなことはありませんが、漆喰にヒビが入っていたり、剥がれたりしてしまうとそこから雨が染み込んで漆喰の上の瓦がズレたり雨漏りをする危険性があるので部分的に補修する必要があります。
長泉台風天窓
天窓ですが、一部ガラスが割れて、ヒビが入ったガラスもあり、雨漏りしています。
こちらはガラス交換のご提案をさせて頂きました。
アタッチメント付複層ガラスを使用すれば、屋根工事などの大がかりな工事をせず、今ある窓フレームを活かしてガラスの部分だけを取替える施工が出来ます。
長泉台風銅板葺き
腰葺き屋根(こしぶきやね)の写真です。
ガルバリウム鋼板で補修のご提案です。

腰葺き屋根(こしぶきやね)とは

腰葺き屋根(こしぶきやね)とは銅板などの金属素材と瓦を組み合わせた屋根で、軒先の部分には瓦を葺かない施工方法のことです。
この屋根は、軒先に瓦がない分軽くできるため、屋根下地の負担を減らせる利点があります。一方、施工の際に手間がかかったり、瓦がない箇所の耐久性が劣るため雨漏りが起こりやすくなるという点もあります。
長泉棟板金台風
屋根と屋根が合わさった、谷板金(たにばんきん)です。
雨天時には両側の瓦屋根からかなりの雨量が流れ込んでくると思われるので定期的に劣化状況を把握しておくと安心です。
長泉谷板金台風穴
谷板金は、劣化や瓦からの雨水で銅が解けて穴が開いてしまいます。
また、谷部分には落ち葉などが詰まっており、これも取り除いて、雨の流れをスムーズにした方が良さそうです。
長泉台風雨樋植物
雨樋に枯葉や土などが風で運ばれ植物が育っています。
こうなってしまうと雨水の排水が上手くいかず、常に雨水がたまった状態になり、雨樋から雨水が溢れてしまいます。

長泉雨樋植物台風
詰まりの原因になっていますので撤去・清掃していきます。
長泉煙突台風雨漏り
煙突下周辺に屋根から流れてきた雨水をうまく右か左に逃がさないといけないのですが、板金の被りが小さいため、オーバーフローして雨漏りしている状態です。

長泉煙突雨漏り台風
このまま放置していると屋根の中の部分を傷めてしまいます。
台風の時だけでなく、普段から屋根や外壁などを見てみてください。
被害を未然に防げるかもしれません。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

函南町で片流れコロニアル屋根の軒天と破風板の部分補修

函南軒天剥がれ
函南軒天破風補修
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
部分塗装
その他の工事
使用素材
ケイカル板、ガルバリウム鋼板、タスペーサー
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
94.7万円
施工事例

沼津市でテラス屋根の破損のためポリカ波板で張替 雨樋取替工事

沼津市テラス屋根破損
沼津市テラス屋根張替
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカ波板、半月雨樋
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
9万円
施工事例

沼津市で雨漏り応急処置のためタスペーサーを設置し雨水を抜けやすく

沼津コロニアル雨漏り
沼津タスペーサー設置
工事内容
屋根補修工事
部分塗装
使用素材
タスペーサー
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

長泉町中土狩 念願の急勾配屋根の塗替え塗装

施工前
施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
68.2万円
施工事例

太陽熱温水器が屋根に載っていてちょっと気になる外壁・屋根塗装工事

施工前2
施工後2
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
シリコン、ウレタン、エコピック・ユーライト(鳥害対策)
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
148万円
施工事例

長泉町中土狩 念願の急勾配の屋根塗装と補修をやったぞー

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市瓦屋根雨漏り

沼津市で雨漏りのご相談があり現場調査へ行ってきました。屋根は陶器瓦です。経年劣化により陶器瓦の色褪せや割れが見られました。

沼津コロニアル劣化

沼津市でコロニアル屋根材が落下していたので、現場確認の依頼があり、早速行ってきました。屋根の状態ですが、コロニアル屋根材は色褪せ塗膜劣化により表面も経年劣化が進んで表面が剥がれていました。

沼津市軒樋歪み

沼津市の築15年寄棟(よせむね)屋根のお宅です。屋根も外壁も一見、何の異常もないように見えますが、詳しく調査していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325