沼津市上香貫 木製破風板に雨水が回り込み、やがて腐食、屋根改修工事

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

工事のきっかけ

破風板が腐食して、屋根裏まで雨水が浸入していました。

沼津市 破風板・軒天部分補修,屋根塗装

ビフォーアフター

before
施工前
horizontal
after
施工後

工事基本情報

施工内容
破風板・軒天部分補修,屋根塗装
施工期間
12日間
使用材料
カラーベスト
施工内容その他
築年数
約20年
保証年数
5年
工事費用
66万
建坪
破風板腐食
着工前の破風板雨漏りによる腐食

屋根の軒先近くの板金の被せ部分が錆びて、そこから雨水が浸入し、軒裏ベニヤ・破風板を腐らせた。
雨漏りは些細な所・僅かな隙間から入ってきます。
普通の雨の時の雨漏り、横殴りの時の雨漏り。その気象状態や風向きによって信じがたい状況で雨漏りは起きます。


屋根裏が雨水で腐食
着工改修工事まえの屋根の先端部分

軒裏からケラバ部分のあげ裏内部の状態。
雨水が浸入したシミと、一般的には使用しないパーチクルボードの野地板が一部分が欠落したいました。


破風板腐食部分取替
破風板取替完了状況

破風板を一枚取替、それに絡んでいるケラバ部分の軒裏ベニヤ、桁行方向の軒裏ベニヤの取替をそれぞれ行ないました。
また、ケラバ部分のベニヤ・軒裏部分のベニヤを外した時点で部分的に欠落してしまっていた野地板を約90センチ四方で切り取り、新たに野地板を入れ替えました。

施工前
カラーベスト塗装工事前

ケラバ部分からの雨漏り対策を確実に行ない、ここからは通常の屋根塗装の工程へと進んでいきます。
高圧洗浄処理(この時点で雨漏り処理後の確認を改めて行なうことが出来ます。 乾燥  シーラー処理 下塗り 中塗り 上塗り 完成となります。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市岡宮 外壁・ベランダ塗装、破風板補修工事

塗装施工前
塗装施工後
工事内容
破風板・軒天部分補修
外壁塗装
その他塗装
使用素材
水性弾性セラミシリコン・セラMレタン・ガルバリウム銅鈹・掃出し窓・アルミ縦格子
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
148万円
施工事例

沼津市大岡 屋根の塗替、軒裏ベニヤの張替

施工前2
施工後2
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
コロニアルシリコン塗装
築年数
15年以上
建坪
保証
5年
工事費用
90万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

三島市 軒先劣化 塗装剥がれ

典型的な屋根からの雨漏りが原因で、かなり以前から雨漏りしている事が予想されます。破風板の上の板金による被せ付近による雨仕舞処理が不完全が雨漏りの原因ではないでしょうか。鼻隠しの表面と破風板の表面の塗装状態が明らかに傷み具合が異なり、破風板の...........

軒裏材の劣化

霧除け(窓上にある屋根とは違う庇)庇の裏側の軒天ベニヤの経年劣化若しくは雨漏りによる剥がれ等で、今回はそのどちらにも該当していました。幸いにもベニヤの下地材になる骨組みは傷んでいない事が分かり、今回はベニヤとは違う珪酸カルシュウム板と言う腐...........

沼津市 破風板落下

今回は、破風板が落ちてきたとの事で、現場調査に伺いました。全体的には3メートルほど落ちてました。人や物に当たらなくてよかったと思います。破風板がついていた木下地の傷みはなさそうなので、そのまま固定できそうですが、足場を架けてみないと完全な状...........