現場ブログ


塗装剥がれ

2018.5.10

2階部分の窓で、一体型アルミサッシの雨戸一筋敷居の下端にシーリング処理が施してあります。通常はサッシを取付ける際、マグサ(窓台下地材)の上に防水シートをかぶせ、外壁の防水紙がその下にかぶるような雨仕舞納まりになっているはずです。ですから雨が...........

函南町別荘軒裏に穴

2018.5.10

今回は、山奥にある別荘の軒裏に穴が開いているとの事で、現場調査に伺いました。そこは、階段を20段くらい登って行って、やっと玄関にたどり着くような斜面になっていました。階段から見上げると、3階くらいの高さに何やら穴の様な物が見えてきました。お...........

トタン屋根劣化

2018.5.9

これだってちゃんとしたカバー工法ですね。家と家間の物置兼作業場として使っている所の屋根が大分傷んできて、前々から葺き替えなければと思いつつ、下で作業をしているので、屋根葺き替えの為に作業は休みたくない、と思っていた所、カバー工法を勧められた...........

施工前

2018.5.9

木造2階建、カラーベスト葺きの住宅です。このカラーベストが全体的にひび割れが著しく、部分取替を検討しましたが、メーカーでは製造していない製品でしたので部分補修は断念。既存屋根材を剥がさずにその上に新たに屋根を葺くカバー工法をお勧めしましたが...........

伊豆の国市弓型出窓

2018.5.8

今回は、伊豆の国市で既設の出窓の上に屋根が欲しいとの事で伺いました。そこには、アルミ製の弓型出窓がついていました。既設にも屋根は付いているのですが、どうやら屋根が前にせり出していない為、通常の雨でも直接硝子にあたるので汚れやすく、そこを解消...........

沼津市テナント外壁

2018.5.8

こんにちは。最近沼津は天気が不安定で嫌になりますね( 一一)先日、強風で壁の一部が飛んだとの電話があり現場に行きました。

瓦破損

2018.5.8

瓦屋根の雨漏りです。棟瓦と、のし瓦部分から雨水が浸入し、ケラバ部分の野地板を伝わりながら時を経て腐らせたようです。建物は築50年以上を経過していて、この当時は野地板の上にルーフィング代わりの単板という木を、薄く1ミリ厚位にスライスしたモノを...........

施工前1

2018.5.8

住宅の一部が数年前まで店舗として使用していましたが、現在は店舗をやめているので、今回第2期工事として看板を掲げていたパラペット部分の改修工事を行う事になりました。第1期工事は店舗の土間コンクリートであった所を木床にし、フロント入口サッシを腰...........

防水劣化

2018.5.7

屋上の横引きタイプのルーフドレンの写真です。どうやら2~3年位前から極少量ですが雨漏りがしているらしく、お電話を受けてその日に現場調査をした時の記録です。人はシーリングをしてあると、きっとここからは雨水は浸入しないだろうと思い込んでしまうよ...........

長泉町外壁目地のひび割れ

2018.5.7

長泉町で外壁目地シーリング打ち替え工事を行いました。既存はサイディングの外壁です。縦目地の黒い部分が既存シーリングとなります。築15年程経過しており、北側で太陽が直接当たる場所ではありませんが、経年劣化で固く弾力がなくなり、表面は確認すると...........

霧除けベニヤ剥がれ

2018.5.7

木造家屋によく見られる光景です。建物がそれなりに古くなってしまうとどうしても写真のように軒裏の耐水ベニヤ合板が剝がれてきます。最初の段階は化粧ベニヤの表面に無数の小さな割れ目が表われます。立地条件や気象条件によって大きく異なりますが、この状...........

棟板金剥がし

2018.5.7

木造2階建て、カラーベスト葺き屋根です。カラーベスト自体欠けてしまったりヒビ割れてしまっているモノが多い状態です。また登り棟や本棟の板金もサビで真っ赤な状態です。このような状態からどのように安心した屋根のリフォームを行うかをご紹介いたしまし...........

長泉町屋根劣化の状況

2018.5.7

屋根塗装工事を行いました。築15年程になりますが、表面にはあちこちとカラーベスト屋根材にクラック(ひび割れ)が入っており、塗装する前にしっかりと下地処理をする必要がありました。カラーベストは表面が劣化してしてくると風などであおられたりしたと...........

長泉町屋根水洗いの様子

2018.5.7

長泉町でカラーベスト屋根の塗装工事を行いました。建物は築15年程経過しており、メンテナンスの時期に来ていました。カラーベストの表面は少しクラックが入っていたり、色褪せていたりと劣化が始まっていました。安全のために足場を仮設して、まずは高圧水...........

プレハブ建屋

2018.5.5

雨漏りです。プレハブ系軽量鉄骨、屋根が折版での雨漏りは割と珍しいのではないでしょうか。というのは、屋根自体が比較的単純に構成されており、複雑な部分がほとんど無い所にあります。とはいっても、両端の面戸部分や折版が始まる部分と終わりの部分がどの...........