現場ブログ


函南町 斜面に建つ家

2018.3.23

今回は、山の中にある2階建てのお家の外壁塗装にかんする調査に伺いました。山の中にあるため、斜面に家が建っており、玄関入口側は道路に面していて多少の段差ですが、反対側は急斜面になっていて、基礎自体が非常に高くなっているので、3~4階くらいの高...........

外壁 コーキング打ち

2018.3.23

こんにちは。だいぶ温かくなってきました。日差しが心地良いですね。さて、伊豆の国市で先日から、行わせて頂いております、サイディングの工事もそろそろ完成です。先日は笠木を取ってサイディングを貼るところまで終わりました。

ベランダにクラック

2018.3.22

鉄骨3階建の共同住宅です。バルコニーの床部分の保護モルタル部分と、立上りの腰壁部分のモルタルにクラックが入っています。よくどこでも見掛ける状態だと思います。床部分も壁部分もクラックの入っているモルタル部分の裏側後ろ側に大切な防水層があります...........

熱海市アパートケラバ破風板塗装

2018.3.18

ケラバの板金部は、ケレンして錆止め剤を塗布してから、ウレタン塗料にて仕上げていきます。また、ケラバの板金部分に濃い緑色を使用し、破風板には薄めの緑色を使用したことにより、ラインがはっきりしてデザイン性が上がると思います。破風板は木材にて出来...........

屋根塗膜劣化

2018.3.18

現場調査の続きですが、今回は屋根廻りが主です。屋根に上ってみると、すっかり屋根材を覆っているはずの塗膜は無くなり、屋根の素地が出てしまっているような状況です。これでは、屋根材のカラーベストがどんどん水を含んでしまい、屋根材を早く傷めてしまい...........

熱海市木造アパート塗装劣化

2018.3.18

今回は、熱海市の木造アパートの大家さんにご依頼いただき、屋根塗装と外壁塗装の現場調査に伺いました。以前、塗装されてからは大分年数も経っているとの事でした。たしかに、外壁に手を付けてみると、塗膜が劣化して粉状になるチョーキング現象が見受けられ...........

外壁 防水シート留め

2018.3.16

こんにちは!!先日伊豆の国市の現場で解体まで終わった現場の続きになります。今日は防水シートとサイディングと笠木の交換まで行きたいと思います。

施工前

2018.3.16

瓦に比べたらカラーベストの重量は相当に軽いのですが、既存のカラーベストの上に新たに野地板を敷き、ルーフィング敷きやカラーベストやガルバリウム鋼板を葺けば、その重量はそこそこの重量になります。ご主人様の耐震対策の一環として屋根の重量を軽くする...........

長泉町屋根瓦棟部分

2018.3.16

長泉町の瓦屋根の住宅で棟瓦が破損していました。破損と言っても、どうしてこのようになってしまったのかと言う原因を知ることは大事なことです。今回、棟瓦は銅線を使用し、棟の穴に通して止めている工法でしたので、その銅線を止めるときに当時、職人が銅線...........

長泉町屋根しっくい部分劣化

2018.3.16

長泉町で瓦屋根のしっくい部分が劣化によりボロボロになっていました。具体的には表面にビビが入り、まずは割れるという現状が起こっていました。さらに酷い場所は、剥がれてしまっていました。また、そのまま放置しておくと、中の土が流れ出てきてしまいます...........

三島市ベランダ現場調査

2018.3.16

三島市の住宅でベランダの防水工事を行ないました。ウレタン防水で通気緩衝工法とういう工法で施工しました。この工法は改修工法としては、とてもお勧めなものです。なぜかというと、既存のベランダは経年劣化により細かい傷や膨れなどがあることが多く、雨漏...........

外壁 落下

2018.3.15

こんにちは!!今日は伊豆の国市で足場を掛けてモルタル外壁を落としていきたいと思いますが、事件が起こりました。なんと!!足場を掛ける前日になんと、外壁が落ちてしまいました・・・落ちた時は誰もいなっかったので、本当によかったです。

外壁ひび割れ重さで傾き

2018.3.15

こんにちは!!先日、かなり風が強く吹きましたね。足場が心配でしたが、影響がなく一安心でした。今日は伊豆の国市のお客様からお問合せがありました。左官の外壁が落ちそう・・・との事でした。落ちたら大変ですので、早速現場に向かいました。

既存目地撤去

2018.3.15

鉄骨構造3階建ての屋上の保護モルタルで、クラック防止のために任意の間隔で目地を切っておきます。そして目地棒を挟みこみます。この挟み込んだ目地棒が経年劣化を起こしていました。保護モルタルの目地を切り込んでいる分、モルタルは薄くなってしまいます...........

トタン屋根破損

2018.3.8

屋根に登り、上から見下ろした状態です。もちろん下地に骨の無い所は歩いてはいけませんが、赤錆がビッシリで、骨組みがしっかりある所でも踏み抜いてしまいそうでした。今自営業の倉庫兼作業場です。沼津は海岸線に面しているその影響からか、地形的なのかは...........