沼津市で棟が崩れて雨漏りしているのでの積み直しをしました。


棟瓦撤去
棟瓦旧式工法
今回は、沼津市で瓦屋根の棟部分が崩れてしまい、そこから雨漏りしている為、棟の取り直しをさせて
いただきました。

最近は風も強い為、このような案件が多くなってきています。

施工については、まず外した瓦が下に落ちて行かない様に瓦受棒を仮設でつけていき、棟の一番上に取付してある冠瓦を撤去して、
その下に積まれている、のし瓦と中にある土を撤去していきます。

旧式工法の場合は、写真のように土が中に積まれていて、経年と共に瓦との密着性も次第に無くなっていき、
強風や地震の時には崩れてしまう被害が多数あります。
棟補強金物
棟耐震工法
そこで、近年では耐震工法として、棟の補強金物を躯体にしっかりと固定していき、
のし瓦や冠瓦をしっかりと銅線を用いて緊結していきます。

補助金物の固定が終わったら、人工木材をその金物の上に固定していきます。
棟の中に一本芯が通った状況になり強度が増していきます。

この工法によって、長年の心配事が解消されることになります。

そして、のし瓦を積み上げていくために白セメントを用いて土台を作っていきます。
のし瓦積み直し
棟瓦取り直し
その後、のし瓦を一段ずつ積み上げて、冠瓦と鬼瓦を固定していくと完成となります。

棟の下にはルーフィングも敷き直してあるので、これで雨漏り対策は万全です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市千本 醤油蔵の大棟取り直し工事

施工前
施工後の屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
26万円
施工事例

沼津市今沢 棟瓦のビスが浮いていた為、改修工事

中の木が腐食
施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
15.8万円(サイディング改修含む)
施工事例

沼津市今沢 築50年の和瓦屋根の下地処理後、棟や平瓦を部分的に葺き替えました

屋根瓦工事前
玄関屋根完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約50年
建坪
保証
5年
工事費用
67万

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

裾野市和瓦棟積み直し

今回は、裾野市で強風により棟が崩れてしまったので、修理していきます。まずは、既設の瓦や下地の土などをきれいに撤去していきます。水糸を張って、それを基準にして瓦の下地を作っていきます。黒い下地材は、シルガード(消石灰+炭酸カルシウム+砂)を使...........

裾野市和瓦棟瓦がずれている

今回は、裾野市で先日の強風が原因となり、瓦屋根に多数被害が出ているとの事で、現場調査に伺いました。早速、屋根に上ってみると、あちらこちらの瓦が外れているのが一目瞭然でした。左の写真は、2階の大屋根にある棟の冠瓦(棟の一番上にある丸い瓦)が外...........

棟撤去

築40年程経った入母屋屋根で、和瓦葺きです。今回ご依頼を受けたのは平瓦部分の瓦が浮きの改修作業、登り棟のズレが有り、ここは下地造り基礎からスタートという事になります。瓦屋根で一番改修工事の多いのは棟絡みの改修工事です。棟絡みの改修工事の多い...........