伊豆の国市でウレタン防水の通気緩衝シートを貼っていきます。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

伊豆の国市 陸屋根メッシュシート貼
平面にプライマーを塗って、通気緩衝シートを貼っていきます。

今回の施工により、屋上の下地から湿気等があがっても、ウレタン材が膨れたりしない事になります。
当然、脱気筒が必要となりますが。

そして、シワにならないように丁寧に貼っていきます。
シワや空気が入り込むと表面に出てきてしまうので、
注意が必要です。
伊豆の国市 立上りプライマー塗布
立ち上り部はメッシュシート貼って、ウレタンがしっかりと付着するように施工していきます。

笠木の金具が留まる位置が分からなくならないように、
ビスは穴に挿しておきます。

笠木を取り付ける際には、シーリング材を穴に充填してからビスを留めていくので、穴に水が入る可能性は低く、ビスと下地がしっかりと固定されていきます。
伊豆の国市 陸屋根ウレタン防水下処理
最終的には、立ち上がり部もウレタン材を2回塗布して、トップコートを1回塗布していきます。

その後に笠木を被せていくことになります。

まれに、雨漏りの原因として笠木の中の処理によること
もあるので、端部などもシーリング材などでしっかりと処理していきます。
伊豆の国市 ウレタン材塗布
平面はウレタン材を通気緩衝シートの上に流し、コテを使って全体に広げていきます。

かがみながらの姿勢なので、腰に負担がかかります。

この作業もウレタン材2回、トップコート1回塗りにて仕上げていきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市本松下 重量鉄骨構造の3階ベランダ防水改修

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
21.6万円
施工事例

沼津市大岡に建つ、鉄骨造の陸屋根、屋上防水改修

施工前防水層撤去
施工後1
工事内容
防水工事
使用素材
トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
65.2万円
施工事例

沼津市八幡町 屋上から直下階の複数から雨漏りで、雨の度に気が滅入る

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水・トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
57.3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

伊豆の国市内に建つ築30年以上の住宅で雨漏りが! 防水工事

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン塗装 
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
40.5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水

こんにちは!!ここ最近ようやく雨も落ち着居てきたところに、また今日は雨ですね。さて、今日は三島市内のアパートの屋上防水の現場調査に行って来ました。外壁現場調査は終わったので後は屋上です。

函南町 陸屋根

防水工事でクレームが多いのが工事後に発生する防水の膨れではないでしょうか。密着工法では施工手順を守っても起きてしまう現象です。原因は既存の建物に長年入り込んだ水分が蒸発するときに、新たな防水層によって空気の逃げ場がなくなるためです。結果防水...........

函南町 屋上防水下地

函南町で屋上から雨漏りがあり既存のシート防水から通気緩衝工法のウレタン防水に変更する工事を行いました。既存シートを撤去し、ケレン作業、クラックなどの下地処理をして、密着性を高めるためのプライマーを施工した後に、ガラス補強布・改質アスファルト...........