沼津市内、住宅の棟部分を下地部分から完全に造り替えました

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

20180306130221_R-simple-overlay
④ 後はのし瓦・棟瓦の順に重ねて行き棟瓦の葺き替えが終了となります。
最近は材料の研究改善が進み、固まっても弾力性を備えている為に、地震などの外力が加わっても、ヒビが入りにくくなったり等の工夫がされています。
20180306130243_R-simple-overlay
① 屋根の棟瓦の葺き直し作業です
棟瓦とは屋根の一番高い部分で、降った雨はこの棟を境に右と左に分かれていきます。まるで人生の生き方の何かを感じてしまいますね。(余談でした)
この棟、屋根の棟と言うのは屋根でも特に一番要な部分です。
左右の屋根瓦がそれぞれの方向から登ってきて、棟に差し掛かる手前で瓦一枚分の巾の隙間を残し、ここからは別の全く違った施工方法で作ります。
棟瓦やのし瓦を取り除くと写真のような粘土質系の土が出てきます。
この土が経年劣化や外力が加わった事で、細かなヒビ割れが生じ、少しずつボロボロと崩れていきます。
この症状で上に載せているのし瓦や棟瓦が影響を及ぼし始めます。

20180306130301_R-simple-overlay
③ 新しい棟部分の畦
左右から登ってきた棟付近の平瓦のズレなどを直し、次に白セメントで蒲鉾状の面戸を兼ねた下地を作ります。
棟の基礎となる部分なので水平とレベルを測定しながら作っていきます。
のし瓦積み直し
② 棟の上に粘土で作った畦状を取り除いた状態です。
状態や状況により異なりますが、20年に一度くらいは棟の改修工事を行うのが一般的です。
そのまま放置して置くと、棟が波打ったり瓦が崩れ落ちたりします。
そのような状態になると雨漏りが起こり易くなってきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

裾野市須山 雑木林の中に建つ住まい 屋根カバー工法で一日で完成 !!

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
17年
建坪
保証
5年
工事費用
21.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市我入道 瓦屋根修復工事

瓦のズレ
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
70万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根状況

今回は、以前よりお付き合いのあるお客様から、屋根点検の御依頼をいただき、調査に伺いました。最近は雨が多くて、なかなか見る事が出来なかったのですが、ようやく1日だけ晴れて実行できました。早速、屋根に上って現場調査していると、板金で作られている...........

下地腐食

2階建ての2階屋根部分が一部分、屋根の途中から屋根の勾配が緩くなっています。その為に雨仕舞関係の納まりが難しく、また経年劣化などが原因により極めて少量ですが雨漏りを起こしておりました。屋根の両端と、外壁との取り合い部分辺りから雨の浸入が有る...........

沼津市下香貫 屋根が色褪せた全体の様子

沼津市で築30年程の戸建住宅にて棟板金が外れそうな現場がありました。今まで一度もメンテナンスをしたことがなかったそうです。既存の棟は、止めてある釘が飛び出していたり、なくなっていたりしていました。原因は棟板金を留めるための下地の木材が、長い...........