いよいよ瓦葺きにも耐震工法という新風が吹き始めたか!

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

棟瓦旧式工法
瓦屋根で地震で一番影響を受ける棟部分。同じようにこの部分は経年劣化でも一番影響を受けやすいとなっています。
右の写真は、在来工法の日本瓦の棟部分の断面模型です。
瓦が何段にも重なっていますが、それを接着固定しているのが粘度質のある土です。
当然土ですから一度固まってしまえば弾力性は無くなってしまうので、地震などの外力で揺すられれば細かい無数のヒビが入り、乾燥した粘土質が粉状になってパラパラと落ち始めます。

棟耐震工法
こちらの写真は瓦業界が研究開発を行ない、考え出した耐震工法の棟部分で、棟内部の中心に耐震補強材が入っているのが分かります。
この耐震補強材が地震の時にどのような動き方をして、耐震性能の働きをするのかは不明ですが非常に興味がありますね。
また在来工法では粘土質系の土も、耐震工法では粘土質系ではないように思います。

20180306130328_R-simple-overlay
平瓦一枚に対して一本の耐震金具パーツが取り付けてあるのが分かります。
先ほども触れましたが、地震発生時にこの金具がどのような動きをしどのような働きをするのかを、実際に検証してみたいものです。
20180306130334_R-simple-overlay
瓦葺きは重量が重いとか、自身にはめっぽう弱い!が定説になってしまっています。
その定説を根底から覆してくれそうな耐震工法、その真摯な取り組みに期待を持ちたいです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市千本 醤油蔵の大棟取り直し工事

施工前
施工後の屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
26万円
施工事例

沼津市今沢 棟瓦のビスが浮いていた為、改修工事

中の木が腐食
施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
15.8万円(サイディング改修含む)
施工事例

沼津市今沢 築50年の和瓦屋根の下地処理後、棟や平瓦を部分的に葺き替えました

屋根瓦工事前
玄関屋根完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約50年
建坪
保証
5年
工事費用
67万

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

しっくい劣化

屋根工事改修工事です今回は登り棟及び本棟の改修工事です。屋根の形式は入母屋屋根で、本棟と登り棟が一般の屋根に比べ数多くあるタイプです。のし瓦を支えている基礎の部分になる畦が経年劣化でボロボロと崩れ出し、のし瓦や棟瓦がそれによって沈下してしま...........

棟瓦撤去

今回は、沼津市で瓦屋根の棟部分が崩れてしまい、そこから雨漏りしている為、棟の取り直しをさせていただきました。最近は風も強い為、このような案件が多くなってきています。施工については、まず外した瓦が下に落ちて行かない様に瓦受棒を仮設でつけていき...........

裾野市和瓦棟積み直し

今回は、裾野市で強風により棟が崩れてしまったので、修理していきます。まずは、既設の瓦や下地の土などをきれいに撤去していきます。水糸を張って、それを基準にして瓦の下地を作っていきます。黒い下地材は、シルガード(消石灰+炭酸カルシウム+砂)を使...........