田方郡函南町での個人住宅のベランダから雨漏りが!

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

笠木取付
ベランダからの雨漏りと思われます。
前回の雨漏り調査ではベランダの床面からの雨水浸入を想定して、排水ドレンの口を塞いで水が排水されないようにして丸一昼夜、24時間ほど水張りを行ない、各調査個所からの
確認を行ないました。
歩行が出来る床の部分、窓サッシの下枠とベランダ床から立ち上がっている防水層。サッシとの雨仕舞処理の納め方のチェック。
雨戸サッシの戸袋部分のチェック。
また水張り調査では分からない部分に関しては、高圧洗浄用機にて調査をします。

防水紙貼付け
つぎの調査はベランダの手摺にあたる腰壁手摺の天端である笠木を重点的に水掛けします。
たまに笠木のジョイント部分から水が入っていく場合もあります。
実際には笠木で雨を防いでいる訳ではないのです。
笠木を外して防水シートがどのように納められているのか、ここで今一度防水シートの状態で水掛けを行ないます。
ここで注意をしたいのは2~3分水掛けをしても、その症状である雨漏りが階下に出てくるとは限りません。
10~20分間同じ場所に水掛けをして階下に症状が出る場合も過去の経験から学んだ事もあります。
笠木取付
今回の雨漏りの原因は笠木の下にある防水シートの重なりをタッカーの針で大きく穴があけられてしまい、そこから雨が浸入していた事が判明しました。
ただこの防水シートが左官のように塗り物の下に合った場合には、発見する事は不可能に近いと思うと幸運であったと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市本松下 重量鉄骨構造の3階ベランダ防水改修

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
21.6万円
施工事例

沼津市大岡に建つ、鉄骨造の陸屋根、屋上防水改修

施工前防水層撤去
施工後1
工事内容
防水工事
使用素材
トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
65.2万円
施工事例

沼津市八幡町 屋上から直下階の複数から雨漏りで、雨の度に気が滅入る

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水・トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
57.3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

函南町肥田 屋根葺き替え

施工前
オークリッジプロ葺き
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
オークリッジプロ
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
153.8万円
施工事例

珍しい施工をしてあるベランダで、防水ではなく桟葺きです。

ベランダ敷板腐食
ベランダ防水
工事内容
防水工事
使用素材
FRP防水
築年数
38年
建坪
保証
5年
工事費用
37,2万円
施工事例

函南町K様邸 静かな山の中に建つ住宅の屋根補修

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
55万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水

こんにちは!!ここ最近ようやく雨も落ち着居てきたところに、また今日は雨ですね。さて、今日は三島市内のアパートの屋上防水の現場調査に行って来ました。外壁現場調査は終わったので後は屋上です。

函南町 陸屋根

防水工事でクレームが多いのが工事後に発生する防水の膨れではないでしょうか。密着工法では施工手順を守っても起きてしまう現象です。原因は既存の建物に長年入り込んだ水分が蒸発するときに、新たな防水層によって空気の逃げ場がなくなるためです。結果防水...........

函南町 屋上防水下地

函南町で屋上から雨漏りがあり既存のシート防水から通気緩衝工法のウレタン防水に変更する工事を行いました。既存シートを撤去し、ケレン作業、クラックなどの下地処理をして、密着性を高めるためのプライマーを施工した後に、ガラス補強布・改質アスファルト...........