沼津市内、築30年以上の鉄骨3階建で屋上利用の防水が心配


既存目地撤去
鉄骨構造3階建ての屋上の保護モルタルで、クラック防止のために任意の間隔で目地を切っておきます。
そして目地棒を挟みこみます。この挟み込んだ目地棒が経年劣化を起こしていました。
保護モルタルの目地を切り込んでいる分、モルタルは薄くなってしまいます。
下地処理
この現状の保護モルタルの上にプライマー処理をしてゴムシート系の防水層を新たに設けます。
幸い保護モルタルの表面は致命的な割れ・ヒビ割れ・剥離などの症状は見られず、この上から下地処理のプライマーを塗布することが出来ます。
中塗り(ウレタン防水)
写真画像のように、縦横の目地部分のプライマー処理と平部分と壁手すりとの取り合い部分が、シート防水は剥がれやすいので為に念入りにプライマー塗布を行ないます。

ところでプライマー塗布は何の為に行うかというと、接着剤や塗料材料が素材自体に必要以上に染み込んで行かないように。
又貼り付ける際に材料と材料が完全に密着してくれるように、その接着能力を最大限に引き出してくれる働きをする重要な工程内での処理です。
施工後
屋上防水工事の作業が終了致しました。
防水工事は何の防水工事でも、その層を保護する為に保護塗装(トップコート)を塗布します。
この保護塗装が摩耗や劣化して放置しておくと、大切な防水層を傷めてしまい、補修に手間が掛かってしまう事になるため、定期的にご自身で確認したり、業者に点検をしてもらう事が大切です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市本松下 重量鉄骨構造の3階ベランダ防水改修

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
21.6万円
施工事例

沼津市大岡に建つ、鉄骨造の陸屋根、屋上防水改修

施工前防水層撤去
施工後1
工事内容
防水工事
使用素材
トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
65.2万円
施工事例

沼津市八幡町 屋上から直下階の複数から雨漏りで、雨の度に気が滅入る

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水・トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
57.3万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

RIMG6725

今日は、平面の防水工事をしていきます。天気もなかなか晴れないので様子を見ながら進めています。床面が広いので、区切りながら仕上げていきます。まずは、床面を平滑にするためにポリッシャーを使用して研磨していきます。既存の防水層などの凸凹研磨して平...........

笠木撤去

今回は、沼津市の陸屋根の防水工事に取り掛かりました。重量鉄骨の建物で、建設時の防水はシート防水+保護モルタル仕上げの様です。経年と共に、モルタルに亀裂が入り、一緒にシート防水破けて雨漏りが発生したと思われます。その為、約10年前に他業者様で...........

沼津市小諏訪 ベランダ防水塗装の為の下地

沼津市大諏訪の戸建て住宅で、通気緩衝工法にてウレタン防水工事を施工しました。通気緩衝工法は既設のベランダに残っている湿気を施工後も外部に逃がしてあげる効果があり、防水層の膨らみを防ぎます。防水性能に関しても耐久性があります。工程の進みですが...........