沼津市内、築30年以上の鉄骨3階建で屋上利用の防水が心配

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

既存目地撤去
鉄骨構造3階建ての屋上の保護モルタルで、クラック防止のために任意の間隔で目地を切っておきます。
そして目地棒を挟みこみます。この挟み込んだ目地棒が経年劣化を起こしていました。
保護モルタルの目地を切り込んでいる分、モルタルは薄くなってしまいます。
下地処理
この現状の保護モルタルの上にプライマー処理をしてゴムシート系の防水層を新たに設けます。
幸い保護モルタルの表面は致命的な割れ・ヒビ割れ・剥離などの症状は見られず、この上から下地処理のプライマーを塗布することが出来ます。
中塗り(ウレタン防水)
写真画像のように、縦横の目地部分のプライマー処理と平部分と壁手すりとの取り合い部分が、シート防水は剥がれやすいので為に念入りにプライマー塗布を行ないます。

ところでプライマー塗布は何の為に行うかというと、接着剤や塗料材料が素材自体に必要以上に染み込んで行かないように。
又貼り付ける際に材料と材料が完全に密着してくれるように、その接着能力を最大限に引き出してくれる働きをする重要な工程内での処理です。
施工後
屋上防水工事の作業が終了致しました。
防水工事は何の防水工事でも、その層を保護する為に保護塗装(トップコート)を塗布します。
この保護塗装が摩耗や劣化して放置しておくと、大切な防水層を傷めてしまい、補修に手間が掛かってしまう事になるため、定期的にご自身で確認したり、業者に点検をしてもらう事が大切です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市本松下 重量鉄骨構造の3階ベランダ防水改修

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
21.6万円
施工事例

沼津市大岡に建つ、鉄骨造の陸屋根、屋上防水改修

施工前防水層撤去
施工後1
工事内容
防水工事
使用素材
トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
65.2万円
施工事例

沼津市八幡町 屋上から直下階の複数から雨漏りで、雨の度に気が滅入る

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水・トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
57.3万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水

こんにちは!!ここ最近ようやく雨も落ち着居てきたところに、また今日は雨ですね。さて、今日は三島市内のアパートの屋上防水の現場調査に行って来ました。外壁現場調査は終わったので後は屋上です。

函南町 陸屋根

防水工事でクレームが多いのが工事後に発生する防水の膨れではないでしょうか。密着工法では施工手順を守っても起きてしまう現象です。原因は既存の建物に長年入り込んだ水分が蒸発するときに、新たな防水層によって空気の逃げ場がなくなるためです。結果防水...........

函南町 屋上防水下地

函南町で屋上から雨漏りがあり既存のシート防水から通気緩衝工法のウレタン防水に変更する工事を行いました。既存シートを撤去し、ケレン作業、クラックなどの下地処理をして、密着性を高めるためのプライマーを施工した後に、ガラス補強布・改質アスファルト...........