裾野市須山 雑木林の中に建つ住まい 屋根カバー工法で一日で完成 !!

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

工事のきっかけ

15年以上も塗装をしていなかったので、屋根の傷みが目立ってきたのでお願いすることにしました。

裾野市 屋根補修工事

ビフォーアフター

before
施工前
horizontal
after
施工後

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事
施工期間
8日間
使用材料
施工内容その他
築年数
17年
保証年数
5年
工事費用
21.5万円
建坪
施工前
施工前状況

周囲が雑木林が多く、枯葉や小枝が屋根に落ちてきます。瞬く間に樋が詰まるので雨樋は取り付けてありません。
屋根塗装は15年以上塗替えていなく、したがって米粒大の大きさの錆が無数に起きていました。
今回は屋根鋼板を塗り替えるのではなく、屋根の上に新たに野地板を張り、ガルバニウム鋼板を葺く という施工方法にしました。
施工中
施工状況ー①

野地板を張り終えた上にルーフィングを防水層として敷設します。
施工中
施工状況ー②

新たにルーフィングを敷設する事により二重の防水層が得られた事になります。
また既存の屋根の上に浮かして新たに屋根を設けた事により、空気層が出来た事により断熱層が出来ました。
厚さ30㍉程度の空気層ですが、断熱効果は大きく異なってきます。
このような工法はカバー工法と呼ばれますが、カバー工法のよい所は工期が早い事。また既存の屋根を剥がさない為に廃材が発生しない事。
また工事途中に雨が降っても雨漏りの心配もない事など、多数のメリットがあります。
施工後
施工状況ー③

カバー工法で屋根の厚みが増した分、破風板部分も厚くなる為ここにも屋根と破風板を包み込むように加工部材を取り付けます。
施工後
完成状況

屋根の面積的には30㎡ほどですが、屋根を剥がしてといった従来の工法では一日作業で終わらせる事は無理ですが、工期短縮にも大きく貢献しています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市我入道 瓦屋根修復工事

瓦のズレ
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
70万円
施工事例

沼津市大岡 屋根リフレッシュ

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
29年
建坪
保証
5年
工事費用
104.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

裾野市千福ニュータウン内、 屋根登り棟補修

屋根棟のズレ
施工後1
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
16.5万円
施工事例

カラーベスト葺からアスファルトシングル葺に!(裾野市御宿 外部リフレッシュ)

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
アスファルトシングル葺
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
193万円
施工事例

裾野市平松 個人病院住宅併用の建物で、雨漏りの原因が分かり壁際の下屋付近と判明!

施工前
施工後
工事内容
雨漏り修理
使用素材
捨谷板金・ルーフィング
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
38万円(外壁部分塗装含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市戸建外壁剥がれ

こんにちは!先日はかなり大きい台風が来ました。静岡はあまり被害が無くて良かったです。今日は、台風の名残りの突風で、沼津市の弊社のお店の近くの一戸建てのお家の外壁が剥がれてしまいました。とりあえず現場に行って来ました。

裾野市平屋玄関上屋根

屋根と屋根がぶつかり合った部分には、屋根の雨水をスムーズに流すための一つのルールとして、捨て谷という名称の溝が必ずできます。この捨て谷部分は屋根材で作る事は出来ません。屋根は外壁と同じように雨や風を防ぎしのぐ役目のものですから、その屋根のど...........

三島市 外壁サイディング補修足場設置

沼津市で軒裏のベニアが剥がれてしまっているために屋根軒裏のベニアからケイカル板に変える工事を行いました。外壁屋根の工事はないのですが、軒裏の場合、必ず足場が必要になりますので、まずはお家全体に足場を仮設しました。