裾野市で強風により和瓦の棟が崩れている状況です。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

裾野市和瓦棟瓦がずれている
今回は、裾野市で先日の強風が原因となり、瓦屋根に多数被害が出ているとの事で、現場調査に伺いました。

早速、屋根に上ってみると、あちらこちらの瓦が外れているのが一目瞭然でした。

左の写真は、2階の大屋根にある棟の冠瓦(棟の一番上にある丸い瓦)が外れています。

崩れ方を見ると、相当強い力で押されてしまったのが、
想像できる程です。

棟の中の土も見えている状況で、そのまま放置してしまうとそこから雨漏りへと発展してしまう可能性があります。


裾野市和瓦漆喰劣化
こちらは、棟の下に見えている漆喰の部分が剥がれ落ちている状況です。

このような症状は、珍しくなく漆喰の劣化などにより
起こります。

今回の強風が原因かは不明ですが、早目の処置が必要となります。
このまま放置してしまうと、棟瓦の下にある土が漏れ出してしまい、棟自体が崩れてしまう可能性があります。
裾野市和瓦のし瓦外れ
こちらも棟の先端にある、のし瓦(棟の冠瓦の下にある平らに積み重なっている部分に使用する瓦)が1つ外れている
状況です。

屋根の下に落下したら大変危険な状況です。
人災や物損にならなくて、本当に良かったです。

こちらはすぐに撤去しました。
裾野市和瓦のし瓦崩れ
こちらは、1番最初に載せた写真のところを、工事に入るまでの間に、瓦を仮で留めておくことにしました。

工事前に雨や風などで被害が拡大しない為の処置です。


裾野市で、屋根に怪しいところを見つけた方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市千本 醤油蔵の大棟取り直し工事

施工前
施工後の屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
26万円
施工事例

沼津市今沢 棟瓦のビスが浮いていた為、改修工事

中の木が腐食
施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
15.8万円(サイディング改修含む)
施工事例

沼津市今沢 築50年の和瓦屋根の下地処理後、棟や平瓦を部分的に葺き替えました

屋根瓦工事前
玄関屋根完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約50年
建坪
保証
5年
工事費用
67万

同じ地域の施工事例

施工事例

裾野市須山 雑木林の中に建つ住まい 屋根カバー工法で一日で完成 !!

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
17年
建坪
保証
5年
工事費用
21.5万円
施工事例

裾野市千福ニュータウン内、 屋根登り棟補修

屋根棟のズレ
施工後1
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
16.5万円
施工事例

カラーベスト葺からアスファルトシングル葺に!(裾野市御宿 外部リフレッシュ)

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
アスファルトシングル葺
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
193万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦旧式工法

瓦屋根で地震で一番影響を受ける棟部分。同じようにこの部分は経年劣化でも一番影響を受けやすいとなっています。右の写真は、在来工法の日本瓦の棟部分の断面模型です。瓦が何段にも重なっていますが、それを接着固定しているのが粘度質のある土です。当然土...........

しっくい劣化

屋根工事改修工事です今回は登り棟及び本棟の改修工事です。屋根の形式は入母屋屋根で、本棟と登り棟が一般の屋根に比べ数多くあるタイプです。のし瓦を支えている基礎の部分になる畦が経年劣化でボロボロと崩れ出し、のし瓦や棟瓦がそれによって沈下してしま...........

棟瓦撤去

今回は、沼津市で瓦屋根の棟部分が崩れてしまい、そこから雨漏りしている為、棟の取り直しをさせていただきました。最近は風も強い為、このような案件が多くなってきています。施工については、まず外した瓦が下に落ちて行かない様に瓦受棒を仮設でつけていき...........