沼津市で外壁と外部の調査に行ってきました。


カラーベスト劣化
樋吊り金具破損
まずは、大屋根のカラーベストの状況を確認しました。
既に、以前塗装した色は剥がれ、素地が見えている状況により、劣化も進行中です。

雨樋に関しては、軒樋を支える金具が錆びて無くなっていたり、外れてしまいそうな
状況でした。
これから台風等、強風時には飛ばされてしまうことが想定できますので、
雨樋の経年からしても、全取替が今後の事を考えると良いと思います。
バンド劣化
霧除け錆
北面にある排水管を固定しているバンド金具もだいぶ錆が発生していて、
取替がおすすめです。
その際、いままでと同じスチール製では錆びてしまうので、ステンレス製を使用していきます。

また、1階南側にある霧除けの屋根もだいぶ錆ていることと、その軒裏側にも
雨漏りしているような形跡が見受けられるので、耐候性のあるガルバリウム鋼板にて
重ね葺きをお勧めしたいと思います。


雨戸錆
外壁劣化
また、雨戸も断熱雨戸タイプで良い物ですが、下の方が錆が出ていて、
もう少しで穴が開いてしまいそうな状況なので、補修が必要です。

外壁に関しては、ヘアクラック程度が多かったので、弾性系の塗料が
お勧めです。
また、一部外壁が亀の甲羅状に割れている箇所があり、前々回に塗ってある塗膜と
前回塗った塗膜が剥離している状況でした。
出来る限り割れている箇所を取り除いて補修したいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市三園町 会社倉庫の屋根を重ね貼り

倉庫屋根施工前
倉庫屋根完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根GL波板 胴縁下地
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用
80万
施工事例

沼津市で耐震性を考えて、屋根を軽量化(横暖ルーフ)

瓦撤去
横暖ルーフ葺き
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ きわみ
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
213万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

胴縁取付

いよいよ屋根材を被せる為の下地作りに入っていきます。既設の折板屋根材は、骨組にボルトで締め込んで取付してあります。そのボルトが屋根材の上に出っ張っているので、直に被せる事は出来ません。そこで木材を屋根材の上に取り付ける事によって、ボルトの高...........

穴埋め

屋根工事の前に、まずは雨樋の清掃と幕板固定の金具を塗装していきます。建設時から20年以上経っているのですが、雨樋の清掃などは行ったことが無いとの事で、たしかにたくさんの枯葉・枝・土が雨水の流れを止めていました。普段あまり気にならない場所です...........

プレハブ建屋

今年の3月頃から雨漏りが始まってしまったそうです。プレハブ事務所の建物になります。築30年以上経っているそうで、外観をみると雨漏りの原因となる状況が伺える箇所がありました。元々、軒裏に貼られていたと思われる板が既に無くなっていて、屋根の裏側...........