沼津市で雨樋の端から雨水が流れ出してしまい、騒音で困っている。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

沼津市 雨水垂れ流し
沼津市 雨水垂れ流し
今回は、雨樋の端から雨水が流れ出してしまい、1階にあるシャッターBOXへと雨水があたり、更に下のタイルにあたって音が反響してしまうとの事で、現場調査に伺いました。

この日は、ちょうど雨が降っていたので、状況が一目でわかりました。

確かに、雨樋の端から雨水が流れ出ています。

このケースで考えられることは、まずは雨樋の勾配が逆になっていること。
次に、縦樋や集水器が詰まっていること。または、端のキャップに亀裂があること。
などが、想定できます。

また、詰まりの場合は周りの環境によるものが大きいです。
周りに山林があると、葉や枝が強風で飛んできて、砂などと混ざってカチカチに
固まってしまい詰りを起します。

ここは、住宅街なので可能性は低いとは思いますが。。。


沼津市 雨水垂れ流し
沼津市 雨水垂れ流し
下からの目視では状況がわからないので、改めて二連梯子を用意して想定できる範囲を
施工していきたいと思います。

雨樋に水が溜まっていて流れないようなら、先程の詰まりの可能性も高いのですが、
今回の場合は雨樋の取付金具が一番端に無いことが一番の原因と思われるので
まずは、そこに金具を取付して、勾配の調整をしてみたいと思います。

雨樋も形などにより廃番になっている製品も多数あるので、部品交換が難しい場合もあります。
その場合は、代替えで補修するか、全体取替の選択が必要と思います。


同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二連梯子かけ

今回は、以前現場調査に伺った、雨樋の端から雨水が流れ出してしまうお家の修理にいってきました。二連梯子を使用して、雨樋の吊り金具を取付及び調整をしていきます。職人さんに梯子を昇ってもらい、原因を探ってもらいます。今回の原因としては、雨樋の端に...........

裾野市アパート 不備なコーキング

こんにちは!!台風が接近していましたが、それて何も被害が無くてホッとしました。今日は、裾野市のアパートの軒の中に入っている雨樋の交換をしたいと思います。

裾野市 雨漏れ足場設置前

こんにちは!!日に日に暑くなってきていますね。今年は暑さが続くので熱中症対策はしっかりしないといけませんね。今日は裾野市のアパートで足場を組んで、雨漏れの状態の調査に入ります。