御殿場市で屋根軒裏のベニアが腐っている建物を見てきました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

IMG_20180207_114515-columns2-overlay
IMG_20180207_113442-columns2-overlay
御殿場市で屋根軒裏のベニアが腐っている現場を確認してきました。
築40年程の平屋の借家になりますが、軒裏のベニアが部分的ではなく、
全体が腐っていました。ベニアは何枚か貼り合わせた合板ですので、
長い年月のうちに経年劣化を起こし、貼り合わせたベニア同士が剥がれてしまい
べらべらの状態になっていました。

築年数からして、塗装のメンテナンスをしてきても
経年劣化になりますので、ベニアの耐久年数の
限界を超えていると判断できます。

通常は軒裏の施工は、新築時に屋根を葺く前に
垂木の上に施工してありますので、少しくらいダメになってきても
その垂木が押さえとなって飛んだりはしていませんが、

しかしこの状況では強風などによっていつ
周りに飛散してもおかしくないところまできていますので
早めの対策が必要になるかと思います。

直し方は、まず新築時と同じように屋根の方から張る施工がありあす。
ただし、屋根を葺き替えするときしかできませんので、屋根を触らない
軒裏から直す施工が一般的ではあります。

既存はベニアをで仕上がっていますが、やはり外回りに
使用するには、今回の剥がれなどのことを考えると少し心配です。
最近の軒裏は、防火タイプのケイカル板を使用し、塗装で仕上げる
仕様がおすすめとなります。




IMG_20180207_113446-columns2-overlay
IMG_20180207_113425-columns2-overlay

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市岡宮 外壁・ベランダ塗装、破風板補修工事

塗装施工前
塗装施工後
工事内容
破風板・軒天部分補修
外壁塗装
その他塗装
使用素材
水性弾性セラミシリコン・セラMレタン・ガルバリウム銅鈹・掃出し窓・アルミ縦格子
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
148万円
施工事例

沼津市上香貫 木製破風板に雨水が回り込み、やがて腐食、屋根改修工事

施工前
施工後
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
カラーベスト
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
66万
施工事例

沼津市大岡 屋根の塗替、軒裏ベニヤの張替

施工前2
施工後2
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
コロニアルシリコン塗装
築年数
15年以上
建坪
保証
5年
工事費用
90万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

三島市 軒先劣化 塗装剥がれ

典型的な屋根からの雨漏りが原因で、かなり以前から雨漏りしている事が予想されます。破風板の上の板金による被せ付近による雨仕舞処理が不完全が雨漏りの原因ではないでしょうか。鼻隠しの表面と破風板の表面の塗装状態が明らかに傷み具合が異なり、破風板の...........

軒裏材の劣化

霧除け(窓上にある屋根とは違う庇)庇の裏側の軒天ベニヤの経年劣化若しくは雨漏りによる剥がれ等で、今回はそのどちらにも該当していました。幸いにもベニヤの下地材になる骨組みは傷んでいない事が分かり、今回はベニヤとは違う珪酸カルシュウム板と言う腐...........

沼津市 破風板落下

今回は、破風板が落ちてきたとの事で、現場調査に伺いました。全体的には3メートルほど落ちてました。人や物に当たらなくてよかったと思います。破風板がついていた木下地の傷みはなさそうなので、そのまま固定できそうですが、足場を架けてみないと完全な状...........