棟板金撤去から、ルーフィング敷きをしました。


棟板金撤去
棟板金撤去
今回は、コロニアル屋根の上にデクラー製のセネターと言う、軽量の屋根材を重ね葺き
していきます。

まず最初の工程は、棟板金の撤去となります。
棟とは、屋根材の繋ぎ合わせの凸部分を指し、そこに被せてある部分を棟板金といいます

屋根にとって非常に大事な部分でありながら、台風なのでよく被害が出やすい箇所と
なっています。

今回も、棟板金を剥がしてみると、経年による木下地の痩せや腐食が多く見られました。
この木下地が大事で、ここに棟板金を固定するための釘を打ち込んであるからです。

その下地材が痩せる事によって釘が抜けたり、または釘が錆びて折れたりする結果、
強風で飛ばされてしまうことが多いのです。

屋根の下地材の上にある防水紙が丈夫であれば、すぐに雨漏りとはならないかもしれませんが、
そちらも経年している事から、破れていたりすればすぐに雨漏りへとなってしまいます。

ルーフィング敷き
ルーフィング敷き
棟も剥がし終わり、次は既存のコロニアル屋根の上にルーフィング(防水シート)を敷いて
いきます。

この工程を入れる事で、屋根材の中に雨が浸水しても、このルーフィングである程度は
雨漏りを防いでくれる事となります。
屋根材だけではなく、屋根の下地部分も非常に大事なのです。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市三園町 会社倉庫の屋根を重ね貼り

倉庫屋根施工前
倉庫屋根完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根GL波板 胴縁下地
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用
80万
施工事例

沼津市で耐震性を考えて、屋根を軽量化(横暖ルーフ)

瓦撤去
横暖ルーフ葺き
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ きわみ
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
213万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トタン屋根劣化

これだってちゃんとしたカバー工法ですね。家と家間の物置兼作業場として使っている所の屋根が大分傷んできて、前々から葺き替えなければと思いつつ、下で作業をしているので、屋根葺き替えの為に作業は休みたくない、と思っていた所、カバー工法を勧められた...........

折板屋根劣化

屋根面が凸凹があるものの勾配屋根ではなかったので、自身で過去に3度の屋根の塗替え作業をおこないました。今回、ボツボツ屋根の塗替えを計画していた時、古くなった折版屋根の上に新たに屋根を葺く、といったカバー工法の画期的な発想の提案をいただきまし...........

葺き替え前

カラーベスト葺き寄棟タイプです。本棟、登り棟共に極めて少量ですがジョイントから雨漏りがしている様子なのと、カラーベストも写真のように苔が生えてる状態でした。塗替えを検討したようでしたが、カラーベストの重なり部分付近が多数に渡り欠けていたり、...........