伊豆の国市でベランダに通気緩衝工法の防水工事

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

改修用ドレン取付
プライマー塗布
また、既設の排水口は鉄製で、かなり錆も発生している状況でした。
今回も、改修用ドレン(鉛製)にて取付をいたします。
排水口廻りからの雨漏りも非常に多く、その原因となるのが先の錆によるところが
大きいのです。

排水口の錆によって、防水層との繋ぎ合わせや雨樋との繋ぎ合わせ部分が
脆くなり、結果雨漏りすることとなります。

この改修用ドレンは鉛製で、素材が柔らかくあらゆる形にも適応するので
防水工事には欠かせない作業です。

そして、いよいよ下地が乾いたらプライマーを塗布します。
防水材との密着性を良くする作業工程なので、非常に重要です。

脱気筒取付
防水シート貼り
左の写真が脱気筒と呼ばれるものです。
これを取り付ける事によって、今までベランダの土間内に入り込んでいた
湿気や、新たに防水層とコンクリートの間に発生する水蒸気を外に
排出してくれる役割を持っております。
その作用により、防水層の膨れ等を防いでくれます。

右の写真は、ベランダ全体にシートとクロスを張り付けた後の写真です。
シートの繋ぎ目部分にクロスと呼ばれるメッシュ状のテープを張り付けて固定します。
その後にシートの上にウレタン防水材を2回塗布していきます。
しっかりとした下地の上に、防水材を塗布することにより
密着性もよく、耐久性も向上します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市本松下 重量鉄骨構造の3階ベランダ防水改修

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
21.6万円
施工事例

沼津市大岡に建つ、鉄骨造の陸屋根、屋上防水改修

施工前防水層撤去
施工後1
工事内容
防水工事
使用素材
トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
65.2万円
施工事例

沼津市八幡町 屋上から直下階の複数から雨漏りで、雨の度に気が滅入る

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水・トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
57.3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

伊豆の国市内に建つ築30年以上の住宅で雨漏りが! 防水工事

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン塗装 
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
40.5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水

こんにちは!!ここ最近ようやく雨も落ち着居てきたところに、また今日は雨ですね。さて、今日は三島市内のアパートの屋上防水の現場調査に行って来ました。外壁現場調査は終わったので後は屋上です。

函南町 陸屋根

防水工事でクレームが多いのが工事後に発生する防水の膨れではないでしょうか。密着工法では施工手順を守っても起きてしまう現象です。原因は既存の建物に長年入り込んだ水分が蒸発するときに、新たな防水層によって空気の逃げ場がなくなるためです。結果防水...........

函南町 屋上防水下地

函南町で屋上から雨漏りがあり既存のシート防水から通気緩衝工法のウレタン防水に変更する工事を行いました。既存シートを撤去し、ケレン作業、クラックなどの下地処理をして、密着性を高めるためのプライマーを施工した後に、ガラス補強布・改質アスファルト...........