伊豆の国市でベランダの通気緩衝工法の防水工事

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

ケレン作業
ケレン作業
既存のシート防水を、スクリッパー等の道具を使用して剥がしていきます。
その際、剥がし残しがないようにしっかり擦っていきます。

下地作りが全ての工事に於いても、非常に重要となります。
その作業によって、仕上がり具合も、防水層の持ちも変わってしまうほどです。


カチオン塗り
カチオン塗り
カチオン系の下地処理剤を床面全体に塗布していきます。
この作業により、床面の凹凸の緩和と、防水層が平滑に仕上がっていく
効果があります。

この下地処理剤は、乾燥も早く、既存のコンクリート等との密着性も良く、
通常のモルタル等で塗っただけでは、剥離の原因となってしまいますので、
必ずカチオン系の下地処理剤を使用します。

一筋取替
一筋塗装
ここで一旦、路線を外させていただいて、、、

雨戸の一筋(雨戸が通るレール部分のところ)が大分、傷んでいたので
取替をしました。
今でこそ、窓も戸袋・雨戸もアルミ製やスチール製が多くなっていますが、
一昔前は、木製の戸袋と雨戸が主流でしたので、同じ様な
悩みを抱えているご家庭も多いと思います。

外部で風雨にさらされるので、水気に強い桧にて作製致しました。
但し、あくまで木製なので、そのままではすぐに傷んでしまうので、
保護塗装をしました。
浸透性の防腐塗料もあるのですが、今回は他の木部が既に一般的にペンキと
言われる塗料にて塗ってありましたので、それに合わせてウレタン塗料
にて塗布致しました。                            つづく

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市本松下 重量鉄骨構造の3階ベランダ防水改修

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
21.6万円
施工事例

沼津市大岡に建つ、鉄骨造の陸屋根、屋上防水改修

施工前防水層撤去
施工後1
工事内容
防水工事
使用素材
トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
65.2万円
施工事例

沼津市八幡町 屋上から直下階の複数から雨漏りで、雨の度に気が滅入る

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水・トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
57.3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

伊豆の国市内に建つ築30年以上の住宅で雨漏りが! 防水工事

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン塗装 
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
40.5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水

こんにちは!!ここ最近ようやく雨も落ち着居てきたところに、また今日は雨ですね。さて、今日は三島市内のアパートの屋上防水の現場調査に行って来ました。外壁現場調査は終わったので後は屋上です。

函南町 陸屋根

防水工事でクレームが多いのが工事後に発生する防水の膨れではないでしょうか。密着工法では施工手順を守っても起きてしまう現象です。原因は既存の建物に長年入り込んだ水分が蒸発するときに、新たな防水層によって空気の逃げ場がなくなるためです。結果防水...........

函南町 屋上防水下地

函南町で屋上から雨漏りがあり既存のシート防水から通気緩衝工法のウレタン防水に変更する工事を行いました。既存シートを撤去し、ケレン作業、クラックなどの下地処理をして、密着性を高めるためのプライマーを施工した後に、ガラス補強布・改質アスファルト...........