築30年程の木造平屋建住宅の既存瓦屋根から雨漏れしている。


天井より雨漏り
既存瓦撤去
築30年程の木造平屋建住宅の玄関部分から雨漏れがありました。
玄関に入ると、天井に雨漏れのシミがありました。
しかも今回だけでなく、今まで何回か漏れたようなシミの跡になっていました。

これは、よくあることで、雨漏りがしてもすぐに気が付くかというと、
そうでないケースもたくさんあります。ある程度雨水が、
今回のように下にポタポタと落ちたり、明らかに雨もり部分が影響で
その場所が腐ったり、大きなシミや音をたてたりしないと意外と
気が付かないものです。今回もそのケースかと思います。

屋根に上って瓦を点検すると、ちょうど雨漏りしている辺りの
上部には上屋根の谷があり、雨水と通り道になっている状態でした。
それにより、ある程度の雨量になると瓦の下に雨が入り、
雨もりに繋がったと考えられます。

しかし、今回もう一つ重要な事があります。
それは通常瓦の下に雨が入っても雨漏りはしません。
それは瓦の下にある防水用のシートが、本当は雨漏りから屋根を
守ってくれているからです。今回漏れたということは、実は、
その防水用のシートが劣化しているという証拠なのです。
結果、今回下地のシートから直す必要があります。

実際、工事が始まり瓦をすべて撤去してみると
下地の腐りが目立ち、防水用のシートも劣化していました。
また、当時はルーフィングではなく、外壁左官にも使用する
フェルトを使用していたことも多く、今回もフェルトでした。
これはルーフィングと比べると薄く破れやすいものです。
防水用のシート
施工後
すべてフェルトから、ゴム質のルーフィングに貼りなおしました。
これで、雨量が増えて瓦の下に雨が入っても雨漏りすることはありません。

あとは瓦を復旧して完成です。
雨漏りは、一見分かりにくいような気がしますが、
しっかり現状を把握していくと、改善策が見つかります。
お施主様も安心してくださいました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三島市内、金属瓦屋根の塗替え工事

塗装のはげ・ひび割れ
施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
フッ素塗装
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
114万円
施工事例

三島市加茂 屋根改修工事

葺き替え前
屋根噴き替え施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコン塗装
築年数
約25年以上
建坪
保証
5年
工事費用
51.6万円
施工事例

沼津市西条町 複雑で入り組んだ屋根 K様邸 

トタン屋根劣化
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
波板GL0.35
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
65万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市岡宮 外壁・ベランダ塗装、破風板補修工事

塗装施工前
塗装施工後
工事内容
破風板・軒天部分補修
外壁塗装
その他塗装
使用素材
水性弾性セラミシリコン・セラMレタン・ガルバリウム銅鈹・掃出し窓・アルミ縦格子
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
148万円
施工事例

沼津市新沢田 屋根葺き替え改修

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
175万円
施工事例

沼津市下香貫 屋根葺き替えカバー工法で雨が降っても安心です!

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
188.4万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟部分崩れ

長泉町で地震により瓦屋根の棟部分が、崩れ掛けているお家の調査に行ってきました。築35年ほどのお家になりますが、確認するとしっくい部分の表面の劣化も目立っていました。瓦屋根は屋根材の中でも大変重い為、地震の影響をとても受けやすいです。むしろ地...........

瓦のずれ落ち

今回、外壁洗浄するにあたり瓦屋根も洗浄させていただきました。その作業中に気づいたのですが、谷にある瓦が多数ずれていたり、雨樋に引っ掛かかっていたりの状況でした。あまりに多くの瓦がずれているので、調べてみると斜めにカットしてある瓦を銅線で縛り...........

瓦の浮き

沼津市岡宮で突風により瓦が何ヵ所も浮いてしまいました。周りをよく見てみると少し高台にあるお家で、谷側から風が上がってきそうな地形をしていました。幸い下には落ちていないため、早めの対応が必要でした。まず屋根に登り、どのあたりが浮いているのか調...........