オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

築30年程の木造平屋建住宅の既存瓦屋根から雨漏れしている。


天井より雨漏り
既存瓦撤去
築30年程の木造平屋建住宅の玄関部分から雨漏れがありました。
玄関に入ると、天井に雨漏れのシミがありました。
しかも今回だけでなく、今まで何回か漏れたようなシミの跡になっていました。

これは、よくあることで、雨漏りがしてもすぐに気が付くかというと、
そうでないケースもたくさんあります。ある程度雨水が、
今回のように下にポタポタと落ちたり、明らかに雨もり部分が影響で
その場所が腐ったり、大きなシミや音をたてたりしないと意外と
気が付かないものです。今回もそのケースかと思います。

屋根に上って瓦を点検すると、ちょうど雨漏りしている辺りの
上部には上屋根の谷があり、雨水と通り道になっている状態でした。
それにより、ある程度の雨量になると瓦の下に雨が入り、
雨もりに繋がったと考えられます。

しかし、今回もう一つ重要な事があります。
それは通常瓦の下に雨が入っても雨漏りはしません。
それは瓦の下にある防水用のシートが、本当は雨漏りから屋根を
守ってくれているからです。今回漏れたということは、実は、
その防水用のシートが劣化しているという証拠なのです。
結果、今回下地のシートから直す必要があります。

実際、工事が始まり瓦をすべて撤去してみると
下地の腐りが目立ち、防水用のシートも劣化していました。
また、当時はルーフィングではなく、外壁左官にも使用する
フェルトを使用していたことも多く、今回もフェルトでした。
これはルーフィングと比べると薄く破れやすいものです。
防水用のシート
施工後
すべてフェルトから、ゴム質のルーフィングに貼りなおしました。
これで、雨量が増えて瓦の下に雨が入っても雨漏りすることはありません。

あとは瓦を復旧して完成です。
雨漏りは、一見分かりにくいような気がしますが、
しっかり現状を把握していくと、改善策が見つかります。
お施主様も安心してくださいました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

函南町で片流れコロニアル屋根の軒天と破風板の部分補修

函南軒天剥がれ
函南軒天破風補修
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
部分塗装
その他の工事
使用素材
ケイカル板、ガルバリウム鋼板、タスペーサー
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
94.7万円
施工事例

沼津市でテラス屋根の破損のためポリカ波板で張替 雨樋取替工事

沼津市テラス屋根破損
沼津市テラス屋根張替
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカ波板、半月雨樋
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
9万円
施工事例

沼津市で雨漏り応急処置のためタスペーサーを設置し雨水を抜けやすく

沼津コロニアル雨漏り
沼津タスペーサー設置
工事内容
屋根補修工事
部分塗装
使用素材
タスペーサー
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市でテラス屋根の破損のためポリカ波板で張替 雨樋取替工事

沼津市テラス屋根破損
沼津市テラス屋根張替
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカ波板、半月雨樋
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
9万円
施工事例

沼津市で雨漏り応急処置のためタスペーサーを設置し雨水を抜けやすく

沼津コロニアル雨漏り
沼津タスペーサー設置
工事内容
屋根補修工事
部分塗装
使用素材
タスペーサー
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

沼津市の工場で雨樋の詰りが原因で雨水が溢れ足場を設置し清掃

沼津雨樋詰り
沼津雨樋詰り清掃後
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
3年間
工事費用
21万円(大波交換含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市瓦屋根雨漏り

沼津市で雨漏りのご相談があり現場調査へ行ってきました。屋根は陶器瓦です。経年劣化により陶器瓦の色褪せや割れが見られました。

沼津コロニアル劣化

沼津市でコロニアル屋根材が落下していたので、現場確認の依頼があり、早速行ってきました。屋根の状態ですが、コロニアル屋根材は色褪せ塗膜劣化により表面も経年劣化が進んで表面が剥がれていました。

沼津市軒樋歪み

沼津市の築15年寄棟(よせむね)屋根のお宅です。屋根も外壁も一見、何の異常もないように見えますが、詳しく調査していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325