オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

沼津市で施工不良による棟板金からの雨漏りをカバー工法で解決!


沼津市雨漏り
沼津市内で2階屋根からの雨漏りと1階の洗面所の天井からの雨漏りでお困りとの事でご相談がありました。
早速2階の屋根に上って雨漏りの原因を調査していきます。
以前から雨漏りしていたらしく通常であればこのようには充填しないような箇所にコーキング処理されていました。
この棟板金とスレート屋根材の隙間にコーキングがビッシリと詰めてあるのですが、これは逆効果です。
屋根に隙間が空いていると雨漏りするかも…と考えて埋めてしまう事がありますが、屋根には必要な隙間が有り、湿気や雨水を逃がすために大切な隙間を埋めてしまうと、雨漏りの原因になってしまいます。
「隙間=雨漏り」ではありません。
沼津市棟板金雨漏り
水をかけて調査をした結果、本棟及び、登り棟辺りから雨水が微量ながら浸水している事が判明。
しかもコーキング処理をしてある部分からでした。
ここ以外にもカラーベスト平部分からも数箇所から漏水も判明しました。
カラーベスト平部分からの漏水が複数箇所起こっている事は何を意味するかというと、防水層であるアスファルトルーフィング(防水紙)が経年劣化等により全く機能をしていない事が疑われます。
今回はカバー工法(重ね葺き)によって雨漏りを解決するご提案をさせていただき施工していきます。
沼津市カバー足場
カバー工法の大きな特徴としては
①工事中も普段と変わらない生活ができる
②廃材が出ないので廃材処理費が安い、解体工事がほぼ不要で解体費用も節約できる
③工事期間も短い
以上のようなメリットがあります。

まずは足場を組み作業していきます。
沼津市カバー棟撤去
新しく施工するカバー工法に不要な棟板金を撤去してルーフィングが施工し易いようにします。
カバー工法はこの部分しか廃材は出ませんので解体費と廃材処理費の節約になります。
沼津市カバールーフィング
棟板金を撤去しゴミや藁くずなどを撤去清掃後、ルーフィング(防水紙)を敷設していきます。
沼津市ルーフィング
ルーフィング(防水紙)は、軒先から棟に向かって10cm以上、重ねて敷いていきます。
沼津市カバー棟雨押え
雨漏りを防ぐとても重要な雨押さえ板金も加工し新しく設置しました。 既存の雨押えの上に同じように雨押えを被せていきます。外壁部分はしっかりシールをしています
沼津市カバー施工後
屋根材を設置後、木製の貫板(ぬきいた)の上に棟板金を被せていきます。
棟の形状に合わせ、調整しながら固定力の強いビスを使用し棟板金を設置していきます。

これでカバー工法完了、雨漏りの心配はなくなりました!

◆無料点検ご利用ください◆

雨漏りを起こさないようにしっかり補修してほしいと考えている方はぜひ無料点検をご利用ください。
ご不明やご相談など何でもお問合せください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

函南町で片流れコロニアル屋根の軒天と破風板の部分補修

函南軒天剥がれ
函南軒天破風補修
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
部分塗装
その他の工事
使用素材
ケイカル板、ガルバリウム鋼板、タスペーサー
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
94.7万円
施工事例

沼津市でテラス屋根の破損のためポリカ波板で張替 雨樋取替工事

沼津市テラス屋根破損
沼津市テラス屋根張替
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカ波板、半月雨樋
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
9万円
施工事例

沼津市で雨漏り応急処置のためタスペーサーを設置し雨水を抜けやすく

沼津コロニアル雨漏り
沼津タスペーサー設置
工事内容
屋根補修工事
部分塗装
使用素材
タスペーサー
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市でテラス屋根の破損のためポリカ波板で張替 雨樋取替工事

沼津市テラス屋根破損
沼津市テラス屋根張替
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカ波板、半月雨樋
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
9万円
施工事例

沼津市で雨漏り応急処置のためタスペーサーを設置し雨水を抜けやすく

沼津コロニアル雨漏り
沼津タスペーサー設置
工事内容
屋根補修工事
部分塗装
使用素材
タスペーサー
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

沼津市の工場で雨樋の詰りが原因で雨水が溢れ足場を設置し清掃

沼津雨樋詰り
沼津雨樋詰り清掃後
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
3年間
工事費用
21万円(大波交換含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市瓦屋根雨漏り

沼津市で雨漏りのご相談があり現場調査へ行ってきました。屋根は陶器瓦です。経年劣化により陶器瓦の色褪せや割れが見られました。

沼津コロニアル劣化

沼津市でコロニアル屋根材が落下していたので、現場確認の依頼があり、早速行ってきました。屋根の状態ですが、コロニアル屋根材は色褪せ塗膜劣化により表面も経年劣化が進んで表面が剥がれていました。

沼津市軒樋歪み

沼津市の築15年寄棟(よせむね)屋根のお宅です。屋根も外壁も一見、何の異常もないように見えますが、詳しく調査していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325