三島市内で陸屋根に近い屋根形状で、ある部位の内樋にカラー鋼板を使用してしまった為に数年後にサビが発生、やがて雨漏りに!

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

笠木
こちらの写真をご覧になってどこが問題の部位かお分かりになりますか。
問題の部位は平らな屋根と立ち上がっているパラペット(低く立ち上がった壁)の間に内樋が通っています。
この内樋が通常のカラー鋼板を使用していたために、錆が発生、腐食して穴が空き雨漏りを引き起こす結果になりました。
笠木
通常の露出した雨樋と違って、内樋の場合には問題が発生したからと言って簡単に取替える事は困難です。
したがってこのような部位に内樋を使用しなければならない場合には、腐食しにくい耐候性の高いステンレス材を強くお勧めします。
ご存知と思いますが、ステンレス材とカラー鋼板とでは耐候性や耐錆性は比較になりません。
材質的に硬く加工しにくい点や、若干カラー鋼板よりは割高にはなりますが、長期的な点を考慮すれば絶対です。

立平
建物は建ててから何年も手付かず手入れを行わなくても大丈夫という事は不可能です。
仮にアアフターメンテナンスがし辛い、出来ない箇所がある場合には最初から耐用年数に優れているものの使用がベストという事になります。

笠木
また屋根は外壁などと違って毎日のように目が行き届く所ではありません。
現在どのような状態になっているのか屋根に登ってみなければ分かりません。
雨漏りがし始めてからでは、屋根の症状は大分進行してしまっているのです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円
施工事例

沼津市本田町 屋根改修

施工前の屋根
施工後の屋根
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン、ウレタン塗装
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
114万

同じ地域の施工事例

施工事例

三島市加茂 カラーベスト屋根改修

施工前剥がれ
施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
51.6万円
施工事例

三島市三恵台 屋根塗装

施工前
施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
47.6万円
施工事例

三島市内、金属瓦屋根の塗替え工事

塗装のはげ・ひび割れ
施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
フッ素塗装
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
114万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お堂屋根

今回は、裾野市にある歴史ある、お堂の屋根塗装の見積もり依頼を受けて、現場調査に伺いました。天井にもシミがあるとのことなので、雨漏りの疑いもあるようです。このお堂は、区で使用している建屋なので区長様からの御依頼をいただきました。早速、現地につ...........

長泉町屋根ひび割れ個所

住宅屋根のカラーベスト葺きの仕様です。所々に見える白いすじ状のモノは、カラーベストにヒビが入っている為に、塗替え塗装の作業を行なう前、高圧洗浄作業後にシーリング処理を行なった所です。

裾野市一戸建て塗装

こんにちは!今日は昨日に比べると涼しくなりました。さて、今日は裾野市の1戸建てのお家の外壁・屋根の塗装の現調の依頼がありましたので、お伺いしました。