どっしりとした風格の入母屋造りの和瓦屋根 でも経年劣化で棟が崩れ始め!


棟撤去
施工前
築40年程経った入母屋屋根で、和瓦葺きです。今回ご依頼を受けたのは平瓦部分の瓦が浮きの改修作業、登り棟のズレが有り
、ここは下地造り基礎からスタートという事になります。
瓦屋根で一番改修工事の多いのは棟絡みの改修工事です。棟絡みの改修工事の多い理由は昔は粘土質の土で施工していましたが、土は経年劣化をすると土に粘りが無くなりボロボロと少しずつ崩れてきます。それに伴って重ねてあるのし瓦、棟瓦が土で出来た土台が崩れて瓦も崩れていきます。最近の工事ではかなり前から土は使用せずにセメント系を使用しているので経年劣化が著しく改善されました。
平瓦も最近では突風等で瓦が捲れ上がったり、ずれたりするのを防止するために、瓦と瓦の重なっている部分の一部に5センチほどの長さでコーキング留めをして防ぐ事もあります。これをすることにより、平瓦のズレや突風による被害は大幅に減少しました。
和瓦はその重厚感・風合い・断熱性の高さ・耐久性・雨音などの遮音性と高品質です。ただ唯一の欠点は、多くの長所に反して重量が数多い屋根葺き材料の中でダントツに重い事です。㎡当りの重量を比較すると軽いガルバリウム鋼板との差は8倍にもなってしまいます。
耐震性で騒がれる今日、素材自体の見直しも重要かもしれません。

瓦屋根
瓦のズレ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市千本 醤油蔵の大棟取り直し工事

施工前
施工後の屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
26万円
施工事例

沼津市今沢 棟瓦のビスが浮いていた為、改修工事

中の木が腐食
施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
15.8万円(サイディング改修含む)
施工事例

沼津市今沢 築50年の和瓦屋根の下地処理後、棟や平瓦を部分的に葺き替えました

屋根瓦工事前
玄関屋根完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約50年
建坪
保証
5年
工事費用
67万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦

こんにちは!!最近は乾燥が酷くてまいっています。こまめな乾燥対策をして行きたいと思います。さて、本日は、沼津市内の下香貫方面のお客様からで大棟の瓦がズレてしまったので一度見に来て欲しいとの事でお伺いしてきました。

台風

こんにちは!!今日は沼津市の会社の近くのお客様で、屋根の棟の所の瓦がズレたので見てもらいたいのご連絡を受けたので行ってまいりました。

棟瓦破損

今回は、沼津市で台風被害にあわれた、セメント瓦の屋根へ現場調査に伺いました。早速、屋根に上って見ると、隅棟の丸と呼ばれる瓦が、ひっくり返っている状況でした。この隅棟の下地は土になっている為、このまま雨でも降られると土に水分が浸み込み、ルーフ...........