どっしりとした風格の入母屋造りの和瓦屋根 でも経年劣化で棟が崩れ始め!

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

棟撤去
施工前
築40年程経った入母屋屋根で、和瓦葺きです。今回ご依頼を受けたのは平瓦部分の瓦が浮きの改修作業、登り棟のズレが有り
、ここは下地造り基礎からスタートという事になります。
瓦屋根で一番改修工事の多いのは棟絡みの改修工事です。棟絡みの改修工事の多い理由は昔は粘土質の土で施工していましたが、土は経年劣化をすると土に粘りが無くなりボロボロと少しずつ崩れてきます。それに伴って重ねてあるのし瓦、棟瓦が土で出来た土台が崩れて瓦も崩れていきます。最近の工事ではかなり前から土は使用せずにセメント系を使用しているので経年劣化が著しく改善されました。
平瓦も最近では突風等で瓦が捲れ上がったり、ずれたりするのを防止するために、瓦と瓦の重なっている部分の一部に5センチほどの長さでコーキング留めをして防ぐ事もあります。これをすることにより、平瓦のズレや突風による被害は大幅に減少しました。
和瓦はその重厚感・風合い・断熱性の高さ・耐久性・雨音などの遮音性と高品質です。ただ唯一の欠点は、多くの長所に反して重量が数多い屋根葺き材料の中でダントツに重い事です。㎡当りの重量を比較すると軽いガルバリウム鋼板との差は8倍にもなってしまいます。
耐震性で騒がれる今日、素材自体の見直しも重要かもしれません。

瓦屋根
瓦のズレ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市千本 醤油蔵の大棟取り直し工事

施工前
施工後の屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
26万円
施工事例

沼津市今沢 棟瓦のビスが浮いていた為、改修工事

中の木が腐食
施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
15.8万円(サイディング改修含む)
施工事例

沼津市今沢 築50年の和瓦屋根の下地処理後、棟や平瓦を部分的に葺き替えました

屋根瓦工事前
玄関屋根完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約50年
建坪
保証
5年
工事費用
67万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦旧式工法

瓦屋根で地震で一番影響を受ける棟部分。同じようにこの部分は経年劣化でも一番影響を受けやすいとなっています。右の写真は、在来工法の日本瓦の棟部分の断面模型です。瓦が何段にも重なっていますが、それを接着固定しているのが粘度質のある土です。当然土...........

しっくい劣化

屋根工事改修工事です今回は登り棟及び本棟の改修工事です。屋根の形式は入母屋屋根で、本棟と登り棟が一般の屋根に比べ数多くあるタイプです。のし瓦を支えている基礎の部分になる畦が経年劣化でボロボロと崩れ出し、のし瓦や棟瓦がそれによって沈下してしま...........

棟瓦撤去

今回は、沼津市で瓦屋根の棟部分が崩れてしまい、そこから雨漏りしている為、棟の取り直しをさせていただきました。最近は風も強い為、このような案件が多くなってきています。施工については、まず外した瓦が下に落ちて行かない様に瓦受棒を仮設でつけていき...........