沼津市内のお家でスレート屋根の現場調査に行って来ました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

こんにちは!!毎日35度以上の猛暑で大変ですね。しかも急に台風が出てきて
週末に直撃の可能性も・・・台風対策しっかりしていきたいです。

さて、今日は、沼津市内のお客様からお電話を頂きました。2階のスレート屋根の部分の点検をしてもらいたいとの事
でしたので、早速お伺いいたしました。

裾野市屋根塗装現地調査
現場に到着です。屋根に太陽熱温水器が乗っており、そこから、漏水しておりました。屋根材の状況から見ても長い時間漏水していたと思います。
お施主様に聞いたら気づいたら漏れていて、最近漏水は直したそうです。
裾野市屋根塗装現地調査
よく見ると屋根の一部の塗膜が剥がれておりました。
こうなってくると、塗装で持つかな?と思うところです。
実際、下地も少し悪くなってきておりました。

裾野市屋根塗装現地調査
屋根の大棟の部分です。写真ではちょっと分かりにくいですが、棟が少し浮いておりました。下地の木材に釘がきいておりませんでした。

裾野市屋根塗装現地調査
通常よりも若干浮いています。まだ大丈夫ですが、強風で飛んでしまう可能性もありますので、修理が必要です。
裾野市屋根塗装現地調査
破風板の軒裏の部分です。
通常は軒裏にはケイカル板など水に強い材料を使うのですが、屋根の野地板(屋根の下地材)から直接伸びていて、そこに塗装をしている状態なので、長年の雨風で飛んで行った可能性があります。
この部分を塞がないと、鳥が入ってきて巣を作ったりしてしますので、塞がないといけません。
前回の塗装から約7年位なのですが、屋根の状況はあまりよくはありませんでした。
出来れば塗装より屋根は重ね葺きなどをご提案していきたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

裾野市須山 雑木林の中に建つ住まい 屋根カバー工法で一日で完成 !!

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
17年
建坪
保証
5年
工事費用
21.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市我入道 瓦屋根修復工事

瓦のズレ
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
70万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根状況

今回は、以前よりお付き合いのあるお客様から、屋根点検の御依頼をいただき、調査に伺いました。最近は雨が多くて、なかなか見る事が出来なかったのですが、ようやく1日だけ晴れて実行できました。早速、屋根に上って現場調査していると、板金で作られている...........

下地腐食

2階建ての2階屋根部分が一部分、屋根の途中から屋根の勾配が緩くなっています。その為に雨仕舞関係の納まりが難しく、また経年劣化などが原因により極めて少量ですが雨漏りを起こしておりました。屋根の両端と、外壁との取り合い部分辺りから雨の浸入が有る...........

沼津市下香貫 屋根が色褪せた全体の様子

沼津市で築30年程の戸建住宅にて棟板金が外れそうな現場がありました。今まで一度もメンテナンスをしたことがなかったそうです。既存の棟は、止めてある釘が飛び出していたり、なくなっていたりしていました。原因は棟板金を留めるための下地の木材が、長い...........