沼津市で太陽熱温水器撤去後にガルバリウム鋼板製屋根で重ね葺き


既存コロニアル屋根の傷みと野地板の沈み込みが発生してます。

太陽熱温水器を撤去しています。
長く頑張っていただいた太陽熱温水器も今日で引退を迎えます。
労いながら太陽熱温水器を撤去します。

当初の予定では温水器撤去後、屋根の塗装工事にて考えておりましたが、
屋根に上がると野地板(今回はパーティクルボード(木繊維を固めた板))が柔らかい素材なのと経年的な
事から、踏み込むと屋根が沈み込む状態になっています。
この場合、塗装工事で屋根の上に職人が上がって作業しているだけで、屋根の下にあるルーフィング(防水シート)が劣化して
脆くなっているので切断する可能性が高くなります。
一般的に、ルーフィングの耐久年数も種類によって違いますが、15~20年くらいと言われています。
築20年以上経っている場合は、葺き替えも考えておいた方が良いかもしれませんね。

雨漏りの原因は、屋根材だけではなくルーフィングが非常に重要な役割をはたし防いでいるのです。

既存コロニアル屋根
コロニアル屋根の割れ
板金部分の劣化(棟や谷などに錆が発生していて、放置しておくと穴が開き、雨漏りの起因となる恐れがあります。)
とコロニアル屋根自体の劣化(割れ等)も見受けられたので、このままでいると、雨漏りが発生する可能性も高いので、
お施主様と話し合いの上、屋根の葺き替え工事へと変更となりました。
これからも長く家を守っていく為にも、屋根はとても重要なのです。


野地板を重ね張りしています。
野地板を重ね張りしています。
今回、施工する工事はガルバリウム鋼板製の屋根材(横暖ルーフ)の重ね葺きです。
屋根材の中に断熱材が入っているので遮熱効果も期待できると思います。
まずは、野地板の劣化もあるので、既存屋根の上に合板を張って新たに屋根下地の補強をいたします。
屋根を支える垂木にビスでしっかりと固定していきます。
次回は、この続きになります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市三園町 会社倉庫の屋根を重ね貼り

倉庫屋根施工前
倉庫屋根完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根GL波板 胴縁下地
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用
80万
施工事例

沼津市で耐震性を考えて、屋根を軽量化(横暖ルーフ)

瓦撤去
横暖ルーフ葺き
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ きわみ
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
213万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市岡宮 外壁・ベランダ塗装、破風板補修工事

塗装施工前
塗装施工後
工事内容
破風板・軒天部分補修
外壁塗装
その他塗装
使用素材
水性弾性セラミシリコン・セラMレタン・ガルバリウム銅鈹・掃出し窓・アルミ縦格子
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
148万円
施工事例

沼津市新沢田 屋根葺き替え改修

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
175万円
施工事例

沼津市下香貫 屋根葺き替えカバー工法で雨が降っても安心です!

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
188.4万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カラーベスト劣化

まずは、大屋根のカラーベストの状況を確認しました。既に、以前塗装した色は剥がれ、素地が見えている状況により、劣化も進行中です。雨樋に関しては、軒樋を支える金具が錆びて無くなっていたり、外れてしまいそうな状況でした。これから台風等、強風時には...........

胴縁取付

いよいよ屋根材を被せる為の下地作りに入っていきます。既設の折板屋根材は、骨組にボルトで締め込んで取付してあります。そのボルトが屋根材の上に出っ張っているので、直に被せる事は出来ません。そこで木材を屋根材の上に取り付ける事によって、ボルトの高...........

穴埋め

屋根工事の前に、まずは雨樋の清掃と幕板固定の金具を塗装していきます。建設時から20年以上経っているのですが、雨樋の清掃などは行ったことが無いとの事で、たしかにたくさんの枯葉・枝・土が雨水の流れを止めていました。普段あまり気にならない場所です...........