沼津市今沢 築50年の和瓦屋根の下地処理後、棟や平瓦を部分的に葺き替えました


工事のきっかけ

軒下が剥がれてる部分が増えたり、雨漏りもしているようだったので。

沼津市 屋根葺き直し,棟瓦取り直し

ビフォーアフター

before
屋根瓦工事前
horizontal
after
玄関屋根完成

工事基本情報

施工内容
屋根葺き直し,棟瓦取り直し
施工期間
5日間
使用材料
施工内容その他
築年数
約50年
保証年数
5年
工事費用
67万
建坪
屋根瓦工事前
屋根施工前状況

築50年は経過しています。
外見からも、下地の影響もあるのでしょうは、平瓦部分も波を打っていたり、棟や登り棟も大きく波を打った状態になっています。
雨漏りも部屋のあちらこちらに雨漏り後のシミが点在しています。
建物全体が、じとーっとした空気に包まれている感じで、カビが生える状態では大分体にも悪影響を及ぼしてると思い…
軒天剥がれ
軒天板の剥がれ状況

50年前の雨仕舞処理方法はルーフィングという商品は使用していないのが常識でした。
杉の皮を薄く敷いたモノや、単板という名のベニヤ板の積層材の積層になる前の商品を、杉の皮と同様の施工手順で下から上に向かって張り上げていく。 その上に瓦を葺いていく、という施工がごく普通の瓦葺きの施工方法です。
嵐のように吹き付けて雨が瓦と瓦の隙間から侵入した雨水は単板若しくは杉の皮の表面を流れて外に出る、といった考え方です。
漏って下に染み込む前に、滑り落ちて出てしまう、という理論です。

瓦葺き替え中
屋根工事

現在は単板仕様は施工しておりません。
葺かれている瓦の全てを一度撤去し、ルーフィング敷設処理をした後、瓦を一枚一枚丁寧に葺きならべていきます。
ヒビが入っていたり、欠けたりして使用出来ないものと、まだ十分に使えるものと吟味しながら作業を進めていきます。
棟瓦葺き替え
棟瓦

平瓦が葺き上がって最後にのし瓦、そして棟瓦を、下地から上がってきている銅線に緊結して終了となります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市下香貫 既存屋根の上に重ね張り屋根の改修工事

施工前屋根表面
ケラバ部分被せ
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
縦平GL
築年数
40年以上
建坪
保証
5年
工事費用
93万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市で屋根塗装後すぐの雨漏り発生は施工不良の可能性が!

屋根裏シミ
P1040433
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ケイミュー コロニアルクァッド
築年数
20年
建坪
保証
5年
工事費用
23.5万円
施工事例

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

大棟施工前
大棟施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
5年
工事費用
37.9万円
施工事例

沼津市 下香貫 屋根塗替えのみでいたが、外壁塗装も合わせて

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
5年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市玄関屋根 瓦留め

前の段階で、ルーフィング敷きと瓦棒は取付済みなので、今日は瓦の葺き直しです。まずは平面から、瓦棒に瓦を引っ掛けて、瓦がずれたりしないように瓦棒にビスで固定していきます。これで強風が吹いても、そうそう捲れたりすることが無いと思います。

沼津市玄関屋根ジャッキアップで柱取替

今回は玄関屋根を支えている柱の取替作業に入ります。まずは、既存の柱を撤去するにあたり、屋根を仮に支える為の柱を油圧式のジャッキアップの上に設置していきます。それから、柱の中央付近からを切断して、下部と上部に分かれた柱を撤去していきます。やは...........

沼津市玄関屋根が傾いでいる

今回は、玄関の屋根を支えている柱が腐ってきているようなので、取替したいとの事で現場調査に行ってきました。早速、状況を確認すると屋根が傾いでいるのが一目瞭然でした。原因として考えられることは、地盤の沈下によるものか、屋根を支えている柱に異常が...........