沼津市で棟板金が飛ばされたとのことで現場調査に行ってきました。


下地板が傷んでいる
下地板取替
今回は、強風時に棟の板金が落ちてきたとの事で、現場調査に行ってきました。

棟板金を留めている下地板は黒く変色して、やせ細り釘がすぐに抜けて
板金が飛ばされたことが一目瞭然でした。

長年の太陽熱や、風雨によって下地板も傷んでしまうものです。

幸いにも、人や車に当たっていないことがせめてもの救いだと思います。
修理だけで済んで、少なくとも良かったと思います。

修理としては、傷んでしまっている下地板を取替えて、棟板金も錆等で傷んでいる
ところは取替する方向でお施主様と決めました。

まずは、下地板の撤去と清掃をしていきます。
下地板取替
棟板金取替
その後、新しい下地板を取替えていきますが、まずはルーフィング材(防水シート)を敷いてから
固定していきます。

屋根の繋ぎ目なので非常に重要な部分なのでルーフィング敷きはかかせません。

そして、昔は釘で固定しただけが多い為、強風で飛ばされることが多いので、
今度はしっかりとビスで固定して、下地板と棟板金の取り合い部分にもコーキング材を打って、
しっかりと留めていきます。

棟板金と下地板の間にもコーキング材を注入して、それからビスでしっかりと固定したので、
当面は飛ばされるような事も無く、安心して過ごせると思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ラジカル塗料

こんにちは!!だいぶ過ごしやすくなってきましたね。塗装工事も捗ります。さて、今日は最近よく聞くラジカル塗料について簡単にお話ししたいと思います。皆さんも塗装しようと色々調べると塗料の種類がいっぱい出てきますよね。ウレタン塗料やシリコン塗料や...........

外壁

こんにちは。大分、暑さが緩くなってきました。今回は、函南町の現場調査です。中古住宅を購入したお客様で内装が終わったので最後は外壁、屋根塗装か、屋根の葺き替えをご希望との事でお話しを頂きました。早速、調査をしていきます。築25年という事もあり...........

外壁

前回は左官工事まで終わりました現場の続きです。左官の養生も終わり最終仕上げに入っていきます。今回は壁が、玉ぶき柄ですのでまず、下塗りをしていきます。下塗りの材料は弾性の塗料を使いました。弾性の塗料を使うことで、もしも、外壁にヒビが入った時で...........