裾野市で重ね葺きをしても軽量なハイブリット鋼板屋根材でカバー工法をしました。


棟が飛んでいる
屋根が傷んでいる
今回は、棟板金が飛んでしまったようだという事で、御連絡をいただきました。

写真は、二階の上にある大屋根です。

棟(屋根の合わせ目部分)のところにあるはずの板金が無くなっています。
残っていたのは、棟を釘等で留める為の下地木材だけでした。

ただ、下地木材の状況からするとだいぶ前より風雨にさらされていたことが、
傷み具合などから想像できます。
この部分は屋根にとって弱点の1つで、雨漏りの原因となる為、
早目の手直しが必要です。

既存の屋根材は、コロニアル屋根にて仕上がっていますが、おおよそ10年毎に
メンテナンスの塗装が必要となります。
その事も新築時には、業者からほとんど説明を受ける事も無いので、雨漏り等の
被害が出て、改めて知る方もたくさんいらっしゃいます。

今回の屋根の状況ですが、屋根材の塗膜も剥がれ落ちていて、屋根材自体に雨水を吸水してしまい、
劣化の促進へとつながっていきます。
既に表面が劣化していて粉を噴いている状況で、ヒビ割れも至る所に見受けられます。

ここまで劣化していると、塗装よりも重ね葺きした方が、長期的に考えてもお勧めです。


既存下屋
軒天腐食
左の写真は、一階の上にある下屋です。
ここも、大屋根と同様の劣化が見受けられます。
なので、今回は重ね葺きにてご提案させていただきます。

右の写真は軒天と言う、屋根の軒下部分にあたるところです。
この箇所は、大屋根の棟板金が無くなっていた場所の真上にあたるところで、
長年の雨漏りにより、軒天の中の下地材等が腐食して、この様な事になっています。

このまま放置しておくと、家の角柱等の腐食や突風時に軒下材が吹き飛ばされて
近隣へ迷惑かけてしまうことも考えられます。
早急に対処が必要な状況です。                つづく

この工事の現場ブログ

軒天解体

2017/03/27/ 裾野市で玄関上の屋根をセネターにて仕上げました。

玄関上の屋根を解体していくと、雨水は屋根の中に入っていて、その部分は腐食が見受けられましたが、全体的には腐食も進んでいないので少し安心しました。しかし、雨漏りしていたところの屋根を支えている垂木などの木材は写真の様にやせ細っている物や無くな...........

玄関上屋根

2017/03/12/ 裾野市でハイブリット鋼板屋根材にてカバールーフ工法しました。

今回、最も被害が大きい場所は玄関上の屋根でした。屋根材にはシングル屋根材と呼ばれる、耐候性に優れている製品を使用しているのですが、屋根のあちらこちらで、下地板ごと凹みが出来ていて、屋根の中に雨水が入っているのが確認出来るような状況でした。こ...........

棟が飛んでいる

2017/03/11/ 裾野市で重ね葺きをしても軽量なハイブリット鋼板屋根材でカバー工法をしました。

今回は、棟板金が飛んでしまったようだという事で、御連絡をいただきました。写真は、二階の上にある大屋根です。棟(屋根の合わせ目部分)のところにあるはずの板金が無くなっています。残っていたのは、棟を釘等で留める為の下地木材だけでした。ただ、下地...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市三園町 会社倉庫の屋根を重ね貼り

倉庫屋根施工前
倉庫屋根完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根GL波板 胴縁下地
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用
80万
施工事例

沼津市で耐震性を考えて、屋根を軽量化(横暖ルーフ)

瓦撤去
横暖ルーフ葺き
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ きわみ
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
213万円

同じ地域の施工事例

施工事例

裾野市千福ニュータウン内、 屋根登り棟補修

屋根棟のズレ
施工後1
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
16.5万円
施工事例

カラーベスト葺からアスファルトシングル葺に!(裾野市御宿 外部リフレッシュ)

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
アスファルトシングル葺
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
193万円
施工事例

裾野市平松 個人病院住宅併用の建物で、雨漏りの原因が分かり壁際の下屋付近と判明!

施工前
施工後
工事内容
雨漏り修理
使用素材
捨谷板金・ルーフィング
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
38万円(外壁部分塗装含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カラーベスト劣化

まずは、大屋根のカラーベストの状況を確認しました。既に、以前塗装した色は剥がれ、素地が見えている状況により、劣化も進行中です。雨樋に関しては、軒樋を支える金具が錆びて無くなっていたり、外れてしまいそうな状況でした。これから台風等、強風時には...........

胴縁取付

いよいよ屋根材を被せる為の下地作りに入っていきます。既設の折板屋根材は、骨組にボルトで締め込んで取付してあります。そのボルトが屋根材の上に出っ張っているので、直に被せる事は出来ません。そこで木材を屋根材の上に取り付ける事によって、ボルトの高...........

穴埋め

屋根工事の前に、まずは雨樋の清掃と幕板固定の金具を塗装していきます。建設時から20年以上経っているのですが、雨樋の清掃などは行ったことが無いとの事で、たしかにたくさんの枯葉・枝・土が雨水の流れを止めていました。普段あまり気にならない場所です...........