三島市内、田園地帯の中に建つ住宅 軒樋の中に枯葉と土がびっしりと堆積していました

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

雨樋
軒樋は意外にもかなり汚れています。
樹木が多い所では葉っぱが。
一番に多いのは土です。埃が舞えば屋根に落ち、雨が降って屋根から流れ軒樋に落ちます。雨も少量では軒樋に流れた土を洗い流してはくれません。
この繰り返しにより土や枯葉などが徐々に堆積してしまうのです。
土から草も生えてきます。
軒樋はそこそこ長いので土が溜まると重みもかなりです。
雨樋
仮に梯子を掛けてお施主様がご自身で掃除できるのも1階の軒樋が限度でしょう。
軒樋を支えている軒樋受け金具は、強度的にそれほど強く出来ていませんし、土が溜まった重みで下がってしまう可能性もあります。
写真は軒樋の継ぎ手部分のジョイントが、過度の重みがかかって外れてしまっています。
かろうじて受け金具に乗っていますが、外れると右端に取り付けてある集水器にまで影響し、取替えなくてはならない可能性大になってしまします。
雨樋
軒樋の雨樋でも、2階となれば高所作業が得意な職人でも、屋根から身を乗り出して作業をという訳にはいきません。
安全のために外部に作業足場を設けなければならない事が義務付けられています。
雨樋
雨樋の不具合から話が進み、最終的には外壁の塗装工事へと話が進んでいきました。
外部足場を設け、外壁を塗り直し雨樋の不良個所を直す。
また屋根全体の点検も併せて実施しました。
常に外部に曝されている部分は予想以上に劣化や傷みが進んでいる可能性大です。
10年~15年を目安に点検改修工事を心掛けましょう。

同じ地域の施工事例

施工事例

三島市加茂 カラーベスト屋根改修

施工前剥がれ
施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
51.6万円
施工事例

三島市三恵台 屋根塗装

施工前
施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
47.6万円
施工事例

三島市内、金属瓦屋根の塗替え工事

塗装のはげ・ひび割れ
施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
フッ素塗装
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
114万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二連梯子かけ

今回は、以前現場調査に伺った、雨樋の端から雨水が流れ出してしまうお家の修理にいってきました。二連梯子を使用して、雨樋の吊り金具を取付及び調整をしていきます。職人さんに梯子を昇ってもらい、原因を探ってもらいます。今回の原因としては、雨樋の端に...........

沼津市 雨水垂れ流し

今回は、雨樋の端から雨水が流れ出してしまい、1階にあるシャッターBOXへと雨水があたり、更に下のタイルにあたって音が反響してしまうとの事で、現場調査に伺いました。この日は、ちょうど雨が降っていたので、状況が一目でわかりました。確かに、雨樋の...........

裾野市アパート 不備なコーキング

こんにちは!!台風が接近していましたが、それて何も被害が無くてホッとしました。今日は、裾野市のアパートの軒の中に入っている雨樋の交換をしたいと思います。