棟の被せや刺し棟など、屋根には雨仕舞の為の重要部材がついています

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

棟板金取替
下地板取替
カラーベスト葺きでは塗装表面が傷んでくると、当然塗替えとなります。写真のように屋根の雨水の流れる方向が異なる部分を棟といいます。その境はカラーベスト材を葺くことが出来ない為に、木下地でカラー鋼板材を加工した棟被せ材を取り付けて雨仕舞をします。この方法以外にも棟被せの代わりに刺し棟という方法で雨仕舞処理を行う方法もあります。
そのどちらも雨を止めなければならない重要な部位に変わりは有りません。
この被せや刺し棟は釘やシール材等で取付固定してありますが、経年変化や経年劣化により釘が緩んだり抜け落ちていたり、また、シール材がその役目を果たしていない場合などがあります。理想では定期的に屋根業者や板金業者などにチェックして貰うのが一番ベストなのですが、診断して貰えば費用が発生しますのでついつい放置してしまい、それが後々高い補修費用に繋がってしまう事も決して少なくありません。
一番に恐れるのは、雨漏りの原因を作ってしまう事です。雨漏りは症状が表われて雨漏りしている事に気付きます。
雨漏りを起こすと、発見が遅れてしまった場合には重要な構造材を取替えなければならなかったりと、そこそこ補修工事が発生してきますので工事金額も増えてきてしまいます。



下地板取替
下地板が傷んでいる

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根調査

切妻屋根の金属瓦葺きで、棟の被せ板金が強風の影響で飛んでしまったそうです。飛んでしまった原因は様々ですが、人に当たって怪我をさせてしまわなかった事はせめてもの幸いです。飛んでしまった棟被せはジョイント部分の接合が不十分であった事。また下地の...........

沼津市棟板金破損現場調査

今回は、沼津市で平屋の物置部分の棟板金が強風で飛ばされてしまったとの事で現場調査に伺いました。早速、隣の母屋の二階から覗かせていただくと、テレビアンテナの下の棟板金が木下地ごと無くなっているのが確認出来ました。お施主様にお話を伺うと、夜中に...........

沼津市棟板金破損

今回は、沼津市で強風により棟板金が飛ばされたとの事で、現場調査に伺いました。早速伺うと、2階建ての比較的、勾配の緩そうな屋根でした。そしてお庭には、落ちてきた棟がありました。近隣の家や人に当たらなくて本当に良かったと思います。普段あまり気に...........