棟の被せや刺し棟など、屋根には雨仕舞の為の重要部材がついています


棟板金取替
下地板取替
カラーベスト葺きでは塗装表面が傷んでくると、当然塗替えとなります。写真のように屋根の雨水の流れる方向が異なる部分を棟といいます。その境はカラーベスト材を葺くことが出来ない為に、木下地でカラー鋼板材を加工した棟被せ材を取り付けて雨仕舞をします。この方法以外にも棟被せの代わりに刺し棟という方法で雨仕舞処理を行う方法もあります。
そのどちらも雨を止めなければならない重要な部位に変わりは有りません。
この被せや刺し棟は釘やシール材等で取付固定してありますが、経年変化や経年劣化により釘が緩んだり抜け落ちていたり、また、シール材がその役目を果たしていない場合などがあります。理想では定期的に屋根業者や板金業者などにチェックして貰うのが一番ベストなのですが、診断して貰えば費用が発生しますのでついつい放置してしまい、それが後々高い補修費用に繋がってしまう事も決して少なくありません。
一番に恐れるのは、雨漏りの原因を作ってしまう事です。雨漏りは症状が表われて雨漏りしている事に気付きます。
雨漏りを起こすと、発見が遅れてしまった場合には重要な構造材を取替えなければならなかったりと、そこそこ補修工事が発生してきますので工事金額も増えてきてしまいます。



下地板取替
下地板が傷んでいる

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根補修

三島市で、屋根の棟が強風のためにめくれ上がってしまいました。季節は12月で、冬型のため太平洋がでは連日強風が吹いていました。お客様も、隣のお家の方から何か落ちていると教えてもらい気がづいたようです。午前中に連絡をいただき、昼頃に現地調査を行...........

棟板金落下

先日の台風で、カラーベストの屋根についていた棟板金が落ちてきたとの事で確認してきました。強風が吹くと、高い確率でよく御依頼いただく工事の内容の1つです。屋根の上から飛んでくるので、人や物に当たったら大変な事になってしまいますので、こうなる前...........