瓦和葺きの母屋の下屋の屋根は亜鉛引き波型トタンのリフォーム

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

下塗り
下塗り→シリコン塗装
母屋を増築した部分の屋根が瓦とは違って耐用年数も短く、増築しておよそ18年が経ちました。
ここで母屋と同様に和瓦にしようかとも考えたそうですが、波型亜鉛トタンを塗り替えるのと瓦に葺き替えるのでは金額に雲泥の差があり、今後10年先には住まい全体を建て替える予定であるために塗替えを選んだそうです。
既に今から建て替え後の平面プランニングを、家族で楽しみながら行っているとの事で、非常にうらやましい限りです。
母屋の一角に大黒柱や今は使っていない囲炉裏が有り、その炉縁が当時 煙などで燻されて何とも言えない黒光りを放って実にいい味を出しているそうで、解体時にみすみす処分してしまう事は無いと家族で話しているとか。
また敷地内の別棟には7.5畳ほどの土蔵があり、家族は薄気味悪いからと言って中には入ろうとしませんが、代々から伝わる当時では大した物ではなくとも、時代を経ていく事によって希少価値がグンと上がって TVの何でも鑑定団に出せるような代物が有るかも知れないとご主人がこっそり耳打ちしてくれました。
年々土蔵造りの倉庫は諸事情等によりその数を消して寂しい限りです。
私としてはこの希少価値の高い土蔵の保存というか行方というかが大変気になる所です。
母屋のリフォームも大切ですが、土蔵保存のためのリフォームも違った意味で考えて貰いたいと願っています。


施工後
シリコン塗装

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル屋根状況

今回は、以前よりお付き合いのあるお客様から、屋根点検の御依頼をいただき、調査に伺いました。最近は雨が多くて、なかなか見る事が出来なかったのですが、ようやく1日だけ晴れて実行できました。早速、屋根に上って現場調査していると、板金で作られている...........

沼津市 屋根の棟外れ

屋根部材の一部分のパーツです。本棟の被せで材質は金属板金です。屋根の一番高い部分に取り付けてあります。このパーツの小口部分が、まるで紙を破いたようにビリッと裂けています。薄くても鉄板です。その鉄板が、力が加わる所でも無いのにビリッと裂けてい...........

屋根調査

切妻屋根の金属瓦葺きで、棟の被せ板金が強風の影響で飛んでしまったそうです。飛んでしまった原因は様々ですが、人に当たって怪我をさせてしまわなかった事はせめてもの幸いです。飛んでしまった棟被せはジョイント部分の接合が不十分であった事。また下地の...........