瓦和葺きの母屋の下屋の屋根は亜鉛引き波型トタンのリフォーム


下塗り
下塗り→シリコン塗装
母屋を増築した部分の屋根が瓦とは違って耐用年数も短く、増築しておよそ18年が経ちました。
ここで母屋と同様に和瓦にしようかとも考えたそうですが、波型亜鉛トタンを塗り替えるのと瓦に葺き替えるのでは金額に雲泥の差があり、今後10年先には住まい全体を建て替える予定であるために塗替えを選んだそうです。
既に今から建て替え後の平面プランニングを、家族で楽しみながら行っているとの事で、非常にうらやましい限りです。
母屋の一角に大黒柱や今は使っていない囲炉裏が有り、その炉縁が当時 煙などで燻されて何とも言えない黒光りを放って実にいい味を出しているそうで、解体時にみすみす処分してしまう事は無いと家族で話しているとか。
また敷地内の別棟には7.5畳ほどの土蔵があり、家族は薄気味悪いからと言って中には入ろうとしませんが、代々から伝わる当時では大した物ではなくとも、時代を経ていく事によって希少価値がグンと上がって TVの何でも鑑定団に出せるような代物が有るかも知れないとご主人がこっそり耳打ちしてくれました。
年々土蔵造りの倉庫は諸事情等によりその数を消して寂しい限りです。
私としてはこの希少価値の高い土蔵の保存というか行方というかが大変気になる所です。
母屋のリフォームも大切ですが、土蔵保存のためのリフォームも違った意味で考えて貰いたいと願っています。


施工後
シリコン塗装

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

笠木

こちらの写真をご覧になってどこが問題の部位かお分かりになりますか。問題の部位は平らな屋根と立ち上がっているパラペット(低く立ち上がった壁)の間に内樋が通っています。この内樋が通常のカラー鋼板を使用していたために、錆が発生、腐食して穴が空き雨...........

風で瓦が…

瓦が剝がれ、浮いてしまっている箇所があります。下地が見えてしまっています。原因は部分的に小規模な竜巻が発生したのでは、と予想されます。ご存知とは思いますが、瓦は自らの重みとそして互いに重なり合っている事で風雨に強い事になっていますが、上から...........

玄関屋根劣化

今回は、玄関上の屋根を修理したいとの事で、富士市に現場調査に伺いました。早速、現地について脚立に上って見てみると、屋根の板金が錆びて劣化している状況でした。ここの土地は、海に近く風によって潮がすぐに飛んでくるような立地なので、それが一番の原...........