瓦和葺きの母屋の下屋の屋根は亜鉛引き波型トタンのリフォーム


下塗り
下塗り→シリコン塗装
母屋を増築した部分の屋根が瓦とは違って耐用年数も短く、増築しておよそ18年が経ちました。
ここで母屋と同様に和瓦にしようかとも考えたそうですが、波型亜鉛トタンを塗り替えるのと瓦に葺き替えるのでは金額に雲泥の差があり、今後10年先には住まい全体を建て替える予定であるために塗替えを選んだそうです。
既に今から建て替え後の平面プランニングを、家族で楽しみながら行っているとの事で、非常にうらやましい限りです。
母屋の一角に大黒柱や今は使っていない囲炉裏が有り、その炉縁が当時 煙などで燻されて何とも言えない黒光りを放って実にいい味を出しているそうで、解体時にみすみす処分してしまう事は無いと家族で話しているとか。
また敷地内の別棟には7.5畳ほどの土蔵があり、家族は薄気味悪いからと言って中には入ろうとしませんが、代々から伝わる当時では大した物ではなくとも、時代を経ていく事によって希少価値がグンと上がって TVの何でも鑑定団に出せるような代物が有るかも知れないとご主人がこっそり耳打ちしてくれました。
年々土蔵造りの倉庫は諸事情等によりその数を消して寂しい限りです。
私としてはこの希少価値の高い土蔵の保存というか行方というかが大変気になる所です。
母屋のリフォームも大切ですが、土蔵保存のためのリフォームも違った意味で考えて貰いたいと願っています。


施工後
シリコン塗装

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根瓦破損

昨年の台風24号で被害に遭った木造2階建て共同住宅の屋根に、コンパネと単管パイプを番線(太い針金)絡め縛ったモノが約30メートル幅の栗林の上を飛び、アパートの屋根と窓サッシを直撃しました。屋根からは雨漏りが、そして窓サッシを直撃した単管パイ...........

瓦落下

今回は、沼津市で台風被害に遭い、陶器瓦の落下と浮きが発生してしまいました。瓦が落ちたという場所を見てみると、粉々になった瓦が2枚ほどありました。これが、人に当たらなくて本当に良かったと思いました。そして、屋根の状況を下から見てみると、屋根の...........

P9170204_R

こんにちは!!昨日、仕事の用事で熱海に行って来ました。そうしたら、梅の花がちらほら咲いていました。もうすぐ春がきますね。さて、今日は、先日から行っています、アパートの下塗り塗装に入って行きます。高圧洗浄してから1日乾かすのに開けました。