屋根の葺き替えで、地震対策に備え、今度は思い切って軽量化に!!


コロニアル屋根
合板荷揚げ
棟撤去
ビニールシート張込

木造平屋建  寄棟カラーベスト葺です。

今回の屋根のリフレッシュ工事で、具体的には既存のカラーベストは剥さずにそのままで、カラーベストの表面を下地処理します。何故下地処理を行うのかというと、既存のカラーベストの上にゴムアスルーフィングという防水シートを敷設するために、カラーベストの重なり部分の角を滑らかにするためパテ処理を行います。

話はちょっと横道に外れますが、以前は屋根を葺き替える時は元々葺いてある屋根材を剥がして新たな屋根材に葺き直していました。それが極めて当たり前の工法でした。

しかし新しくカバー工法という新工法が考えられてからは、今では葺き替え工事の60~70%はカバー工法を行なっています。

このカバー工法の大きな特徴は大きく3点あげられます。

一つ目は工事中に万一雨が降っても雨漏りしない事

二つ目は工期が大幅に短縮できる事

三つめは工事に伴う廃棄物が極めて少量である事

以上が上げられます。

話を元に戻しますが、防水シートのゴムアスルーフィングを敷きます。

今回こちらのお客様は屋根を極力軽くする事を希望されておりましたので、ガルバニウム鋼板の平葺きで工事をさせていただきました。

各地で地震が発生しています。建物の頭となる屋根部分が少しでも軽量という事は、それだけ地震に強い事に繋がり、賢い選択であると思います。

 

 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦

雨漏りからの野地板や軒裏が腐り瓦が抜け落ちてしまって下から見上げると、大きく青空が見えてしまっています。ここまでなってしまうには1~2年以上が経過している事が予想されます。ただここまでに至るまでには多くの症状が表われていたはずです。もしかす...........

沼津市 台風による屋根の剥がれの被害

沼津市で台風の強風の影響により木下地から屋根が飛ばされていました。私も見てびっくりしました。今回、台風の影響により沼津地域でも数多くの屋根などの被害がでましたが、その中でも一番の被害状況でした。これはもう災害と同じと感じました。お客様による...........

物置破損状況

裾野市で台風の影響により物置が倒れてしまいました。家の周りには植木の囲いがあり、ちょっと強い風が吹いてもその囲いによって、風で何かが飛ばされてしまうことはないとお客様はおっしゃっておりましたが、今回の台風はちょっと竜巻のような吹き方をしたよ...........