屋根の葺き替えで、地震対策に備え、今度は思い切って軽量化に!!


コロニアル屋根
合板荷揚げ
棟撤去
ビニールシート張込

木造平屋建  寄棟カラーベスト葺です。

今回の屋根のリフレッシュ工事で、具体的には既存のカラーベストは剥さずにそのままで、カラーベストの表面を下地処理します。何故下地処理を行うのかというと、既存のカラーベストの上にゴムアスルーフィングという防水シートを敷設するために、カラーベストの重なり部分の角を滑らかにするためパテ処理を行います。

話はちょっと横道に外れますが、以前は屋根を葺き替える時は元々葺いてある屋根材を剥がして新たな屋根材に葺き直していました。それが極めて当たり前の工法でした。

しかし新しくカバー工法という新工法が考えられてからは、今では葺き替え工事の60~70%はカバー工法を行なっています。

このカバー工法の大きな特徴は大きく3点あげられます。

一つ目は工事中に万一雨が降っても雨漏りしない事

二つ目は工期が大幅に短縮できる事

三つめは工事に伴う廃棄物が極めて少量である事

以上が上げられます。

話を元に戻しますが、防水シートのゴムアスルーフィングを敷きます。

今回こちらのお客様は屋根を極力軽くする事を希望されておりましたので、ガルバニウム鋼板の平葺きで工事をさせていただきました。

各地で地震が発生しています。建物の頭となる屋根部分が少しでも軽量という事は、それだけ地震に強い事に繋がり、賢い選択であると思います。

 

 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

合板荷揚げ

今回は、沼津市の平葺き屋根が強風により浮き上がってしまい、部屋内に雨漏りをしてしまった為、ガルバリウム鋼板製の屋根材を重ね葺きしました。大屋根の為、梯子では危険が伴いますので、しっかりと足場を組ませていただいてから作業に入ります。弊社では、...........

棟板金破損

今回は、沼津市で強風により棟板金が飛ばされたとの事で、現場調査に伺いました。早速伺うと、2階建ての比較的、勾配の緩そうな屋根でした。そしてお庭には、落ちてきた棟がありました。近隣の家や人に当たらなくて本当に良かったと思います。普段あまり気に...........

伊豆の国市弓型出窓

大変お洒落な出窓です。  確かベイウィンドウとかボウウィンドウとか呼んでると思いました。今回雨漏りがしている訳でもなく、その理由は出窓の屋根です。その屋根に落ちる雨だれの音がトントンとかなり大きな音をたてる為に何とかして欲しい旨のご依頼があ...........