屋根の葺き替えで、地震対策に備え、今度は思い切って軽量化に!!

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

コロニアル屋根
合板荷揚げ
棟撤去
ビニールシート張込

木造平屋建  寄棟カラーベスト葺です。

今回の屋根のリフレッシュ工事で、具体的には既存のカラーベストは剥さずにそのままで、カラーベストの表面を下地処理します。何故下地処理を行うのかというと、既存のカラーベストの上にゴムアスルーフィングという防水シートを敷設するために、カラーベストの重なり部分の角を滑らかにするためパテ処理を行います。

話はちょっと横道に外れますが、以前は屋根を葺き替える時は元々葺いてある屋根材を剥がして新たな屋根材に葺き直していました。それが極めて当たり前の工法でした。

しかし新しくカバー工法という新工法が考えられてからは、今では葺き替え工事の60~70%はカバー工法を行なっています。

このカバー工法の大きな特徴は大きく3点あげられます。

一つ目は工事中に万一雨が降っても雨漏りしない事

二つ目は工期が大幅に短縮できる事

三つめは工事に伴う廃棄物が極めて少量である事

以上が上げられます。

話を元に戻しますが、防水シートのゴムアスルーフィングを敷きます。

今回こちらのお客様は屋根を極力軽くする事を希望されておりましたので、ガルバニウム鋼板の平葺きで工事をさせていただきました。

各地で地震が発生しています。建物の頭となる屋根部分が少しでも軽量という事は、それだけ地震に強い事に繋がり、賢い選択であると思います。

 

 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二連梯子かけ

今回は、以前現場調査に伺った、雨樋の端から雨水が流れ出してしまうお家の修理にいってきました。二連梯子を使用して、雨樋の吊り金具を取付及び調整をしていきます。職人さんに梯子を昇ってもらい、原因を探ってもらいます。今回の原因としては、雨樋の端に...........

お堂屋根

今回は、裾野市にある歴史ある、お堂の屋根塗装の見積もり依頼を受けて、現場調査に伺いました。天井にもシミがあるとのことなので、雨漏りの疑いもあるようです。このお堂は、区で使用している建屋なので区長様からの御依頼をいただきました。早速、現地につ...........

こんにちは!!今日の伊豆市は快晴で、9月なのにめっちゃセミがまだ鳴いてます。気温も過ごしやすい陽気です。さて、今日は伊豆市のアパートの水漏れ?漏水?が前々から起こっている現場の調査に行ってきます。