伊豆の国市で築30年の左官の外壁の現場調査をしました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

こんにちは!!
先日、かなり風が強く吹きましたね。足場が心配でしたが、影響がなく一安心でした。
今日は伊豆の国市のお客様からお問合せがありました。左官の外壁が落ちそう・・・との事でした。
落ちたら大変ですので、早速現場に向かいました。
外壁ひび割れ重さで傾き
現場に到着です。
確かに落ちそうでした。危ないです。壁自体が重たい為このままだといつ落ちてもおかしくないので、早めに取ってあげないといけません。
外壁 ひび割れ
築年数は約30年の木造で外壁はモルタルのお家なのですが、こんなになったにはやはり、水が差してしまい下地が腐り支えきれなくなったのが原因だと思います。笠木がから少しずつ水が差していたと考えれます。

外壁 笠木錆
上に上がってみると、笠木がかなり錆びておりました。また、所々に穴が開いており、そこから水が差して下地とモルタルの剥離が起こった可能性がかなり高いです。
左官の壁は下地の木の上に防水のルーフィングを敷きその上にラス網を打ってから、モルタルを塗っていくのが一般的な方法です。
重量感があり昔はこの壁にさらに塗料を球吹きしたりした後に塗装するお家が多かったです。
ただ、モルタルなので、クラックが入るとそこから雨漏れの原因になったりもします。
コストも掛かるので現在はサイディングの壁を選ばれる方が多いですね。
伊豆の国市に限らず全国でよくこの左官壁は使われておりました。
外壁 鉄板に穴
よく見ると小さな穴が開いており、壁の落ちる原因になったと思います。
次は足場を掛けて外壁の撤去をしたいと思います。


同じ地域の施工事例

施工事例

伊豆の国市内に建つ築30年以上の住宅で雨漏りが! 防水工事

施工前
施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン塗装 
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
40.5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

三島市2階建アパート外壁

こんにちは!!今日は、比較的涼しいですね。最近の暑さが異常なだけなのですが、すごく涼しく感じます。さて、今回は、三島の大家様からのご依頼で、アパートの点検をしてもらいたいとの事で、行って来ました。

沼津市 玄関扉色褪せ汚れ

こんにちは!!先日の雨で西日本が大変な事になりました・・・大雨が降ると、どこの地域でも起こり得ることですので、まずは避難を心がけないといけませんね。さて、今日は沼津市内のアパートを所有している大家様からご連絡があり、玄関の扉の塗装とPSの扉...........

高圧洗浄

3階建戸建て住宅の3階バルコニー床を高圧洗浄をした後に塗布防水を行ないます。こちらのお住まいは3階バルコニーの下がリビングになっており、もし3階バルコニーが原因で雨漏りを起こしたら文句なくリビングが被害を受けてしまうので、10年が経過しない...........