沼津市でベランダ下のヒビ割れ補修と雨漏り修理


笠木の劣化
DSCN3022-columns2-overlay
今回は施工方法について、幾つかご提案させていただいた中の、笠木取替と
シート防水の補修、ベランダ下のヒビ割れシーリング止め補修にて決定しました。

まずは、雨漏りを止める事を優先に考えます。
雨漏りの起因と思われる笠木部の継ぎ目劣化が気になります。
そこを剥がして、状況を確認します。

場合によっては、何も処置していない状況(防水の処置)の現場も見てきたので、
今回はどうでしょうか?

a897ad825a522900acfb85ad388b3316-columns2-overlay
笠木の劣化
既存笠木を撤去した状況です。

当初は防水シートも巻き込んであり、防水処置としては問題なく仕上がっていたと
思いますが、外壁左官部と防水シートの隙間が気になります。

今回の雨漏りによるヒビ割れの原因として考えられるのは以下の通りです。

長い年月による塗膜の劣化の後に錆が発生し、笠木下に
浸水した雨水により笠木内部も錆が増えていき、釘類やシートの劣化を
招いた結果により、壁内部へと浸水し、下地材の腐食及び錆によるものと
笠木内部への浸水により、外壁の左官部と防水シートの取り合いから浸水したかと思われます。

この地域は塩害地域でもあり、笠木自体もスチール製なので塗装等の
メンテナンスも通常よりは気にしていかないとこのような色々な弊害を生み出す
可能性があります。







この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ラジカル塗料

こんにちは!!だいぶ過ごしやすくなってきましたね。塗装工事も捗ります。さて、今日は最近よく聞くラジカル塗料について簡単にお話ししたいと思います。皆さんも塗装しようと色々調べると塗料の種類がいっぱい出てきますよね。ウレタン塗料やシリコン塗料や...........

外壁

こんにちは。大分、暑さが緩くなってきました。今回は、函南町の現場調査です。中古住宅を購入したお客様で内装が終わったので最後は外壁、屋根塗装か、屋根の葺き替えをご希望との事でお話しを頂きました。早速、調査をしていきます。築25年という事もあり...........

外壁

前回は左官工事まで終わりました現場の続きです。左官の養生も終わり最終仕上げに入っていきます。今回は壁が、玉ぶき柄ですのでまず、下塗りをしていきます。下塗りの材料は弾性の塗料を使いました。弾性の塗料を使うことで、もしも、外壁にヒビが入った時で...........