沼津市内に建つ木造住宅の地震対策として屋根材を軽く


瓦屋根の下地
多少の違いはありますが、瓦は坪あたり≒165kgです。
建物の規模によって屋根の面積も変わってきますが、屋根面積が30坪として計算すると、165kg×30坪=4,950kgとなり、普通乗用車2台半分の重量が屋根の上に載っている事になります。
しかし瓦は瓦の良さがあります。
例えば雨音が聞こえにくい太陽の熱を通しにくい、どっしりと重厚感があって良いなど。

板金の棟取り付け
一方ガルバリウムは坪あたり17kgですから、17kg×30坪=510kgとなり、瓦重量の約10分の1の軽さとなります。

屋根を洋瓦葺きから鋼板ガルバリウム葺きに替える事により、例えて普通自動車約2.5台分の重量が載っていた状態が、軽自動車
約1台分の重量に大きき軽減出来ました。

地震でグラッときた時、建物は左右に大きく揺すられ、また直下型では上下にも動きます。
屋根が軽くなるという事は屋根を支える梁や柱に掛かる負担が大きく軽減する事に繋がる訳です。

ルーフィング敷き
瓦を撤去し、野地板を新たに敷設した後、アスファルトルーフィングという防水シートを張詰めます。
特に重なり合う部分は念入りに行います。
また、屋根は直接太陽の熱を受ける為、真夏時は超高温状態が
繰り返されます。
ルーフィングに受ける影響は相当なものです。
従って過酷な気象条件と耐用年数に耐えられる良質な製品を
使用しなければなりません。
棟取り付け
屋根の一番高い所を 棟 と言います。 この部分のルーフィングによる重ね方、雨仕舞処理をしっかり行わないと、長い間に雨漏りの原因に繋がります。
瓦やカラーベスト・ガルバリウムといったものは屋根材で、この屋根材の下にアスファルトルーフィングを敷いてあり、雨がこの下に絶対にいかないようにする大切な防水層です。
この防水層が太陽の熱や紫外線、そして雨から調節ダメージを受けないように、屋根材で保護しているのです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

函南町肥田 屋根葺き替え

施工前
オークリッジプロ葺き
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
オークリッジプロ
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
153.8万円
施工事例

沼津市下香貫 玄関屋根リフレッシュ

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
GL立平葺き
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
19.2万円
施工事例

沼津市新沢田 屋根葺き替え改修

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
約25年
建坪
保証
5年
工事費用
175万円

同じ地域の施工事例

施工事例

沼津市大岡に建つ、鉄骨造の陸屋根、屋上防水改修

施工前防水層撤去
施工後1
工事内容
防水工事
使用素材
トップコート塗布
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
65.2万円
施工事例

沼津市大岡 鉄骨造2階建 雨漏りで外壁材を剥がして改修

施工前
施工後
工事内容
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
角波GL
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
140.9万円
施工事例

沼津市大岡 屋根リフレッシュ

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
29年
建坪
保証
5年
工事費用
104.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

穴

沼津市で雨漏りがするということで、折半屋根に登り調査をしました。確認すると、すぐに雨漏りの原因が分かりました。完全に折半に穴が空いているのです。1ヶ所だけではなく、何か所も穴が空いていました。これでは雨漏りするのは当然です。さらに錆びている...........

ルーフィング敷き

屋根全体に構造用合板を敷き詰めた事により、とてもしっかりした屋根になりました。その後、非常に重要な工程でもある、ルーフィングの敷き込みへと移行していきます。雨漏りのほとんどの抑制をこのシートでカバーできるので、屋根材も重要ですがこのシートの...........

瓦の割れ

大家さんから、借家の雨漏り調査の御依頼をいただきました。平屋の建物なので、脚立を伸ばして屋根に上ってみると、写真の様に瓦が割れている状況でした。その瓦を退かしてみると、フェルト部分が劣化して割れていることでそこからの雨漏りと判明しました。し...........