清水町で外壁タイルの剥がれがあり、現地調査を行いました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

外壁剥がれ
外壁剥がれ
清水町で外壁タイルが地面に落ちているということで、現地調査を行いました。
タイルが落ちている辺りの外壁を丁寧に、下から上に向かい確認してみると、
2階部分にあたる屋根と接しいる外壁のタイルがない場所を発見しました。

その場所は大変危険なヶ所でした。タイルが剥がれれば、屋根の急な勾配に沿って、
勢いよく下に転がり落ちる場所にあたります。
落ちる場所は、ちょうど玄関に向かう通路になっている場所になります。

まずは、なぜ落ちてしまったかということを下からの目視ではなく、
実際に目の前まで行き、調べる必要があります。
勾配が大変急なため、屋根に登ることはできませんが、
脚立で確認することはできました。

原因はすぐにわかりました。
タイルが外壁下地のベニアに直接貼られていたために
長い月日、タイルの目地や屋根材の経年劣化により、
ベニアが湿気によって腐り始めているのが原因で、タイルが
剥がれてしまったものと判断できました。


外壁剥がれ
外壁剥がれ
外壁剥がれ
念のため外壁全体も調査することにしました。
そうすると同じく反対側の屋根の部分にも同じように
タイルの剥がれが2ヶ所確認できました。

これにより、外壁と屋根が接している場所は明らかに
下地が弱っており部分的な補強では、難しい状況になっている
ことがわかります。

この状況を直すには、まず湿気によりタイルの剥がれが
起きない構造にするしかありませんので、今回は
通気構造のサイディングに張り替えることになりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

沼津市大岡 鉄骨造2階建 雨漏りで外壁材を剥がして改修

施工前
施工後
工事内容
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
角波GL
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
140.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

駿東郡清水町 既存屋根の上に新たに屋根葺きを!!

施工前
折板屋根補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
波板ガルバリウム鋼板0.35厚
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
70万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化した外壁羽目板

沼津市で物置の外壁羽目板が築40年ほど経過していることもあり、反りや木の痩せなどで傷んでいる状態です。今では珍しくなってきましたが、築50年前後、その以前にはよく見た外壁です。物置を今後使用するためには、メンテナンスをしなくてはならない状況...........

施工前

清水町で外壁タイルの下地ベニアが腐っていたために、タイルが剥がれしまうという状況になりました。そのため外壁の壁の内側に通気ができる構造として、サイディングに張り替えることになりました。まずは作業するための足場が必要となります。次は、既存の外...........