御殿場市で雨樋の現調と交換に行っていきました。

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

雨樋が落下して無い
雨樋落下
今回の御依頼は、強風で雨樋が落下しているとのことで、お伺いしました。(写真の赤丸の部分です。)

確かに行ってみると、1階の屋根の上に、転がして設置しているはずの雨樋が駐車場に
落ちていました。

この雨樋は、大屋根の雨水が流れていく為に設置してある雨樋で、
途中から部材が割れて落ちたようです。

その部材が古い雨樋であると、既に無くなっている事もあり、大屋根に取り付けてある軒樋や集水器・
エルボや縦樋等、既存の物へと交換していかなければなりません。
費用もだいぶ違ってきます。

今回は、現行品で残っている製品でしたので、割れている部材のところから
交換するだけで済みそうです。

但し、屋根の勾配も多少きつめなので、職人と打合せをして安全性も確保しながら
足場が必要か等を判断していきます。

結果、なんとか足場もいらないで、屋根に上って修理可能と判断させていただき、
施工させていただきました。
雨樋補修
雨樋補修
エルボと呼ばれる繋ぎ合わせの部材のところから、順に交換していき
一番、水下のところにも曲げ部材をつけて、下屋根の雨樋へと流れるように
設置していきます。

屋根材の隙間に板金で挟み込み、そこからステンレス製の針金にて
3箇所雨樋をしばりつけて、しっかりと固定できました。
雨樋

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二連梯子かけ

今回は、以前現場調査に伺った、雨樋の端から雨水が流れ出してしまうお家の修理にいってきました。二連梯子を使用して、雨樋の吊り金具を取付及び調整をしていきます。職人さんに梯子を昇ってもらい、原因を探ってもらいます。今回の原因としては、雨樋の端に...........

沼津市 雨水垂れ流し

今回は、雨樋の端から雨水が流れ出してしまい、1階にあるシャッターBOXへと雨水があたり、更に下のタイルにあたって音が反響してしまうとの事で、現場調査に伺いました。この日は、ちょうど雨が降っていたので、状況が一目でわかりました。確かに、雨樋の...........

裾野市アパート 不備なコーキング

こんにちは!!台風が接近していましたが、それて何も被害が無くてホッとしました。今日は、裾野市のアパートの軒の中に入っている雨樋の交換をしたいと思います。