御殿場市で雨樋の現調と交換に行っていきました。


雨樋が落下して無い
雨樋落下
今回の御依頼は、強風で雨樋が落下しているとのことで、お伺いしました。(写真の赤丸の部分です。)

確かに行ってみると、1階の屋根の上に、転がして設置しているはずの雨樋が駐車場に
落ちていました。

この雨樋は、大屋根の雨水が流れていく為に設置してある雨樋で、
途中から部材が割れて落ちたようです。

その部材が古い雨樋であると、既に無くなっている事もあり、大屋根に取り付けてある軒樋や集水器・
エルボや縦樋等、既存の物へと交換していかなければなりません。
費用もだいぶ違ってきます。

今回は、現行品で残っている製品でしたので、割れている部材のところから
交換するだけで済みそうです。

但し、屋根の勾配も多少きつめなので、職人と打合せをして安全性も確保しながら
足場が必要か等を判断していきます。

結果、なんとか足場もいらないで、屋根に上って修理可能と判断させていただき、
施工させていただきました。
雨樋補修
雨樋補修
エルボと呼ばれる繋ぎ合わせの部材のところから、順に交換していき
一番、水下のところにも曲げ部材をつけて、下屋根の雨樋へと流れるように
設置していきます。

屋根材の隙間に板金で挟み込み、そこからステンレス製の針金にて
3箇所雨樋をしばりつけて、しっかりと固定できました。
雨樋

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陶器瓦

今回は、伊豆の国市で陶器瓦から軽い屋根材に替えたいとの事でお問い合わせいただき、現場調査へ向かいました。以前、増築もされているようで、陶器瓦が載っている屋根と、コロニアル屋根で出来ている屋根がありました。まずは、陶器瓦の状況を確認する為に、...........

足場設置

今回は、半月型の雨樋の取替を進めていきます。今回使用する雨樋は、パナソニック製の「アイアン丸105」という製品です。芯材は、亜鉛処理スチールでそれを硬質塩化ビニール樹脂で覆っているので、非常に丈夫な雨樋です。色も6色あるので、屋根や外壁に合...........

雨樋損傷

今回は、沼津市で半月雨樋の取替と木製戸袋の修理をお考えとの事で、現場調査に伺いました。雨樋を取替の理由をお尋ねしたところ、この場所は少し高台に登ったところなので、風当たりが強いこともあり、金具も外れてしまったようで、うまく雨水が流れないので...........