三島市内の集会所の屋根材金属瓦の棟被せが飛んでしまった

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

屋根調査
切妻屋根の金属瓦葺きで、棟の被せ板金が強風の影響で飛んでしまったそうです。
飛んでしまった原因は様々ですが、人に当たって怪我をさせてしまわなかった事はせめてもの幸いです。
飛んでしまった棟被せはジョイント部分の接合が不十分であった事。また下地の骨組みへの篏合も不十分でした。
今回飛ばなかった棟被せは側面よりビス止め補強で改善しました。
屋根調査
下地の骨組みは、真夏時と真冬時の寒暖差で大きく伸縮を繰り返しているのも被せの飛んでしまった要因の一つでしょう。
木造建築屋根の納め方と大きく異なる為に、一部の棟被せが飛んでしまっただけで雨が降ってしまえば即、雨が浸入し雨漏りになってしまいます。
構造や工法の違いにより雨仕舞の納め方が顕著に表れてしまいます。
屋根調査
平瓦の役目をしている部材ですが、ある一部の表面塗装が薬品で腐食したような状態になっていました。
薬品が空から降って来たとも仮説を立てても釈然としない出来事です。
とは言っても空から航空機の部品が落ちて来る昨今ですから謎の液体が空から降ってきても不思議はないかも知れません。

屋根調査
当面依頼した棟被せ材が届くまでは雨を漏らせる訳にはいきません。
新たな被害をこれ以上増やさない為の一つの配慮です。

同じ地域の施工事例

施工事例

三島市加茂 カラーベスト屋根改修

施工前剥がれ
施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
51.6万円
施工事例

三島市三恵台 屋根塗装

施工前
施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装
築年数
約30年
建坪
保証
5年
工事費用
47.6万円
施工事例

三島市内、金属瓦屋根の塗替え工事

塗装のはげ・ひび割れ
施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
フッ素塗装
築年数
約20年
建坪
保証
5年
工事費用
114万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

沼津市棟板金破損現場調査

今回は、沼津市で平屋の物置部分の棟板金が強風で飛ばされてしまったとの事で現場調査に伺いました。早速、隣の母屋の二階から覗かせていただくと、テレビアンテナの下の棟板金が木下地ごと無くなっているのが確認出来ました。お施主様にお話を伺うと、夜中に...........

沼津市棟板金破損

今回は、沼津市で強風により棟板金が飛ばされたとの事で、現場調査に伺いました。早速伺うと、2階建ての比較的、勾配の緩そうな屋根でした。そしてお庭には、落ちてきた棟がありました。近隣の家や人に当たらなくて本当に良かったと思います。普段あまり気に...........

棟板金取替

カラーベスト葺きでは塗装表面が傷んでくると、当然塗替えとなります。写真のように屋根の雨水の流れる方向が異なる部分を棟といいます。その境はカラーベスト材を葺くことが出来ない為に、木下地でカラー鋼板材を加工した棟被せ材を取り付けて雨仕舞をします...........