オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根材料の種類とメンテナンス方法をご紹介します!


今回は屋根材の特徴、メンテナンスなどまとめてみました。
屋根材にはたくさんの種類があります。種類も常に進化しており、新しい製品も続々と登場しています。
減りつつある瓦も、改良を受けてどんどん災害に強くなっています。
リフォームする際には、ぜひ屋根材にもこだわってみてください。

◆屋根材の特徴◆

1.瓦

沼津市瓦屋根修復後
耐久性
50年~100年
メリット
・破損しても1枚単位で交換できる
・耐久性が優れている
・夏は涼しく冬は暖かい
デメリット
・重量があるため地震の揺れに弱い
・暴風で瓦がずれる
・施工できる職人が少ない
メンテナンス
・漆喰などの定期点検
※漆喰(しっくい)石材の接着や目地の充填
コラム用瓦破損
【沼津市】
小さなひびや割れなどでも、1枚単位の交換ができるので1日で補修は終わります。
沼津市洋風瓦浮き
【沼津市】
再びずれないように、しっかりとビスで固定し浮きを防ぎました。

2.コロニアル

コロニアル屋根
耐久性
20年~25年
メリット
・瓦などに比べると安価
・軽量のため耐震性に優れている
・最も普及しているので施工できる職人が多い
・耐火性、耐熱性に優れている
デメリット
・定期的な塗装が必要になる
・暴風雨に弱く隙間から雨水が入り込みやすい
・水分を含みやすいので苔や藻が生じやすい
メンテナンス
・約10年サイクルで塗装
・塗装していなければ20年~25年で葺き替え
・下地が良ければ重ね葺き(カバー工法)
沼津市コロニアル屋根破損
【沼津市】
雨漏りするとの事でご相談を受けました。経年劣化によって紫外線や飛来物などで割れやすくなります。年数が経過している場合は葺き替えをご提案します。
コラム用コロニアル劣化
【沼津市】
苔などは、そのまま放置しておくと水分を吸収し、確実に劣化していきます。苔、藻、カビなどが見られたら高圧洗浄を行い掃除を行うことが重要です。


3.アスファルトシングル

アスファルトシングル
耐久性
20年~30年
メリトット
・耐久性が優れている
・軽量なので耐久性に優れている
・防音性と防水性に優れている
デメリット
・定期的なメンテナンスが必要
・水を含みやすいので苔や藻が生じやすい
メンテナンス
・約10年サイクルで塗装が必要
アスファルトシングル破損
アスファルトシングル屋根材は軽く瓦の5分の1ほどです。ペラペラのやわらかい材料のため、踏み割れはないのですが強風による飛散や破損、変色などの不具合が発生しやすい特徴があります。
アスファルトシングル台風破損
台風の影響で飛散してしまいました。台風など強風が吹くと材料が下地材から剥離して、飛ばされる例が多いです。定期的なメンテナンスをお薦めします。

◆不具合を早期発見!◆

お住まいもお体と同じです。
悪いところは早期に発見し、迅速にケアしておけば大事に至ることはありません。
費用もお安くなります。
定期的な点検の他、悪天候後も検査してあげれば安心へつながります。
点検は無理をしないで、見える範囲だけでも大丈夫です。
台風の時などにご自分のお住まいを心配され、屋根に上り、落下してしまうという事故が毎年、後を立ちません。
屋根に上るのは危険ですし、体の病状の判断と同じように、その道の専門家でなければ不具合を見逃してしまうことも考えられます。
それ以上のことはお任せください。無料点検のご利用がお得です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325