オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

暮らしを守る屋根!屋根の元気は家族の元気!


イラスト屋根
屋根には様々な役割が求められており、私たちの生活に欠かせないものです。もし屋根がなかったとしたら、快適な生活を送ることができなくなってしまいます。屋根は雨や雪、強風や太陽による日差しや紫外線、気温の変化などから私たちや家の中、壁などを守ってくれているのです。


参考までによくある屋根の形状を簡単にご紹介します。

◆屋根の形状◆

コラム寄棟
【4方向屋根】
屋根の頂点、面と面が合わさる「棟」を中央に寄せているので寄棟といいます。構造的に頑丈です。
メリットとしては4方向全ての外壁が保護でき雨量、雪量を分散させることができ、風の耐久性が高いのが特徴です。

コラム切妻
【2方向屋根】
最も普及している形です。和風でも、洋風でも似合うよく見かける形です。
メリットとしては形がシンプルでなので、使用材料の量やロスを抑えることができます。
コラム入母屋
【切妻と寄棟をあわせた屋根】
最も格式が高い屋根の形状です。小さい切妻の下に寄棟を合体させたような形状です。メリットとしては耐風性は特に強く、あらゆる方角からの強風ににも動じません。断熱性も高く、屋内の居住空間を快適に保ちます。
コラム片流れ
【1方向屋根】
1面で構成される形状です。雨水なども片側に流れます。方角がよければ、太陽光を利用した機器、発電パネルや温水器を設置し、効率よくエコな屋根です。メリットとしては雪が解けやすい、棟に関するトラブルがない。デメリットとしては壁面量が増えるなどです。
コラム方形
【4方向に同じ角度で傾斜屋根】
屋根の全ての面が同じ形になるのが特徴でピラミッド型をしています。
上から見て六角形ならば「六注」、八角形ならば「八注」になります。
コラム陸屋根
【水平な屋根】
勾配(傾斜)が無く平坦な形状です。
メリットとしては屋上など屋根のスペースを有効活用できます。デメリットとしては、屋根と天井の間に空間が無い為、天井面の温度が上昇しやすくなり、夏場は最上階が蒸し暑くなる場合があります。

◆お気軽にご相談ください◆

コラム屋根
どんなに強い強風が吹いても、剥がれずにそれに耐えてくれる屋根はとても心強い存在です。
もし、屋根が破損して雨漏りを放置してしまうと、建物内の湿度が高まり、生活が不快になるだけでなく、柱、内外壁、などいたるところが腐食します。これが家の中心にある柱にまで被害が出れば耐震も低下し、建物自体の寿命を縮めることになってしまいます。
暮らしを守る屋根は家族を守ることになります。
家を大切にするのであれば定期的な点検をお勧めします。点検は無料で行っておりますので是非お気軽にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん沼津店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-49-3325