屋根塗装塗替えで太陽熱温水器が気になって・・・


施工前
木造2階建てのカラーベスト葺きです。
屋根の塗装塗替えは15年?20年近くになってしまうかなーとご主人の弁。
言われたようにカラーベストもほとんど色が褪せてしまっています。
塗装が色褪せしてしまったからと言って、雨漏りに繋がる訳ではありませんが、でも幸いにも雨漏り症状は見受けられませんでした。
施工前
屋根の上には太陽熱温水器が載っています。こちらはやはり設置して15年以上は経っていて、カラーベストの上に錆が流れ落ちて筋になっているのがあちらこちらに見られます。
既存温水器
金属は錆び始めると加速度的に進行していきます。
写真のような錆の状態は、しばらくすると針で刺したくらいの大きさの穴が空いてしまします。
そうなってしまうと塗装では対処する事が不可能となってしまいます。
陽の当たる表面がこの状態ですと裏面はさらに進行してしまっている事も予想されます。
塗装後
今回の屋根塗替え工事では太陽熱温水器設置部分の屋根部分の塗装は出来ません。同時に温水器の裏側の状態も確認する事は残念ながら出来ませんでした。
今回の工事ではお施主様のご了解をいただき、太陽熱温水器絡みは出来る限りの範囲で工事をさせていただきました。
施工後
太陽熱温水器関連の部分の見えない部分の塗装が出来ず、気になる部分ではありますが、今回の屋根塗替え工事は終了致しました。