屋根葺き替え及びその周辺の部材取替工事


施工前
瓦棒葺きという鋼板の材料で葺いています。
瓦棒葺きのわりに、屋根勾配が多いので雨水が早く流れる為に屋根に負担がかからず錆びにくいと思いますが、そうは言ってもやはり経年劣化にはかなわず、元々の塗装もほとんど残っていなく、また錆も表面的に進行しつつあります。
ただ、破風板部分の被せ板金辺りから雨が浸入して下地の木部関係が腐り始めています。
軒
写真が分かりづらいですが、妻側の破風板と桁側の鼻隠しもやはり腐りかけています。
このまま放置して置けば木部関係は更に腐り、鉄部の錆は穴が空いて大きな雨漏り箇所が至る所に発生し、補修費用とそれに伴う工事期間も長くなってしまいます。
下からの様子
屋根の角部分のシミがご確認できますでしょうか
この建物は軒樋が見えにくい内樋になっています。
内樋形式は建物の美観を損ねない代わりに、内樋に問題などが発生した場合には、簡単に直せない欠点があります。
写真でシミになっているのは、内樋に何らかの原因があり、シミが出来たのではと思われます。

施工後
話は屋根に戻ります。
瓦棒葺きに変わり、既存瓦棒葺きの上からガルバニウム鋼板を重ね葺きとしました。
破風板の被せ材の取替、内樋のジョイント部分からの水漏れ等々の原因を改善し屋根工事絡みの改修工事が終了しました。