天井裏・屋根裏など断熱材が随所に入っています

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根裏断熱材
2階の天井の上にグラスウールを載せて断熱効果をはかります。
同じグラスウールでも天井や屋根に使用する物と外壁の壁の空間に入れる物とでは異なります。
写真のような断熱材の敷き込み方はNGです。
断熱材が動いたりズレないように敷き詰めますが、木片を重石代わりに使用して断熱材が凹んでしまっています。
屋根裏断熱材
この写真もNGです。断熱材がだらしなく置かれています。
また断熱材が長く丁度いい長さにカットした場合には、必ず切り口小口を完全にテープ等で空気が行き来出来ない位に密閉します。
屋根裏断熱材
この写真もNGです。断熱材は綺麗に敷かれていますが、電気配線が良いとは言えません。
断熱材の敷き込み方は施工する業者によってピンからキリまで様々です。
敷いてあっても丁寧に行っているかの確認も必要です。
屋根裏断熱
グラスウール断熱材を綺麗に敷き直した所です。
2階の断熱材は天井裏面だけでは不十分で、屋根の垂木間にスタイロフォームを入れているのがここ10年前ぐらいから標準仕様です。
また、妻部分(写真の三角形部分の所にも断熱材対策をしっかり行ないたいです。
断熱
外部に面する壁の断熱材の模様です。先ほども触れましたが、筋違いが入っている部分の断熱材はカットした部分の小口をしっかりテープで塞ぎ断熱効果が損なわれないように処理をする事が厳しく求められます。