太陽光発電設備設置


金具取り付け
太陽光発電の工事模様です。
ここ数年、個人住宅での太陽光発電パネルの施工件数が激減しています。その原因はいくつかあると思いますが、その①として初期段階での設備費用が当初に比べ安くなってはきたものの、その分 売電価格が安くなってしまった事、当初約10年程で元が取れる計算でしたが15年以上掛かってしまう等が、失速しつつある原因のようです。
また加熱ブーム時には、1ヶ月前後待たなければ工事をしてもらえませんでした。
また現在では多かった工事業者が廃業してりで、やはり1ヶ月程度待つようです。
金具取り付け
太陽光パネルが載ってしまうと見えない下地行程です。
屋根材にキズを付けぬよう、雨漏りをさせないように、台風等の強風時にも耐えられるように、しっかり確実に下地作業を行ないます。
太陽光発電設置
工事の作業手順は ① 屋根のどこに設置するのかの位置決め墨だし作業  ② パネル架台フレームの組立 ③ 太陽光パネルの設置及び固定 ④ パネル結線 ⑤ 幹線ケーブル
⑥ パワコン取付及び幹線ケーブル接続 以上が屋外での作業手順です。

太陽光発電設置
屋外での作業が終了した全景写真です。
ないぶに移動して① 分電盤(太陽光発電対応型)の取替
② 分電盤内及び一次側配線作業 ③ 発電モニター設置
④ 停電用対応コンセント設置 ⑤ 発電・通電確認テスト
等、以上が屋内作業です。