屋上防水、放置しておくと大変な事に!

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋上防水
鉄骨造2階建ての陸屋根屋上部分の水はけ、防水状態の状況です。 現在シート防水張で施工されていますが、経年変化等も合わせてシート防水が浮いてしまい、表には雨漏りとして明確には表面化していませんが、水面下で進行していると思われます。


屋上防水
下地と防水層が剥離し、空気が生まれ外気熱で空気が膨張しての繰り返しが続き、やがて写真のように亀裂は入りパクっと切ったようになります。
ここから雨水が浸入して行く為に、シート防水と接着剤とをドンドン引き離していきます。
そこには同時に無数の気泡が生まれ、外気に熱せられた小さな気泡同士がくっつき大きな気泡となる為、シートをグッと浮かせる。 このメカニズムの繰り返しで現在の防水状況を作ったと思われます。

屋上防水
写真は建物の廻りの立ち上がってる部分のパラペットと防水シートが変形してしまった所を映しています。
奥の方はパラペットの立上り部分に見た限り張り付いています。
ここまでの状態では、おそらく見た目は大丈夫そうな部分も
無数な気泡が既に発生してる可能性は大です。
部分補修的な方法は不可能で、おそらく陸屋根・パラペット全体のシート防水張替が必要と思います。
また、この状態ではどこからか微量であれ雨漏りを起こしていると思います。

屋上防水
防水は大切な建物と財産を雨から守る対策と手段です。
放って置けば取り返しのつかない物になってしまいます。
建物を可愛がってあげましょう。